2分でわかるアメリカ

2014/10/07「お風呂は禁止」

きのう、近所のスーパーに行ってあらためて気づいたのですが、牛乳の値段が随分高くなりました。去年と比べて2割ほど上がりました。牛肉も高いです。カリフォルニアの干ばつが影響しているようです。農業が盛んなカリフォルニアでは、水の60%が農業で消費されます。干ばつで、牛に与える水や食用の草が影響を受け、畜産業者の去年の経費は前年比で12.4%上昇、今年は一段と上がりました。「これではやっていけない」と廃業する畜産業者も増えています。

カリフォルニアの干ばつは2010年10月に始まりました。今月で4年目に入りました。干ばつの深刻度を色で塗った衛星写真でみると、過去4年で薄い黄色がオレンジ色になり、今年はカリフォルニア州全体が真っ赤になっています。「危機な領域」に入ったことを示しています。

これまでに、多くの研究機関が干ばつの影響を分析しています。高気圧による影響、海水温の上昇、エルニーニョ現象など。ただ、「これだ」という説明がありません。複数の背景があるようですが、いずれも「解決策」がないのが現状です。年末から来年3月ごろにかけて、カリフォルニアは雨季に入るのですが、今年も雨が降る気配が全くありません。8月はじめに雀の涙ほどの小雨が降って以来、ロサンゼルスでは一度も雨が降っていません。きょうも快晴で、気温は摂氏20度後半と高めです。

The New York Timesによりますと、ロサンゼルスとサンフランシスコのちょうど中間にある内陸のツラーレ郡では、井戸の水が枯渇し、5か月以上も生活水が使えない状態が続いているそうです。カリフォル二ア中部のサンタクルーズ市では、バスタブやジャグジーに水を溜めることを禁止しました。お風呂は駄目、短いシャワーで我慢しなさい、ということです。芝生のスプリンクラー制限は当たり前、トイレの水の使用を制限しているという話を良く聞きます。

週末に台風18号が激しい雨を伴って日本に上陸しました。今年は例年以上に荒れた天気が多いように思います。太平洋の先のカリフォルニアは危機的な水不足。地球が壊れはじめたのでしょうか。
 
 
[OCTOBER 06, 2014]  No 0105634

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…
  • 2018.07.13 更新トランプ大統領の交渉術※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)ベルギーのブリュッセルに駐在していた際、空港近くにある北大西洋…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ