2分でわかるアメリカ

2014/09/13「お金持ちの掟52」富豪好みのクルマ

友人のロシア人富豪は、モスクワで2台のクルマを所有しています。メルセデスSクラスとBMW7シリーズ。もちろん運転手付きです。子供の夏休み中にイタリアのトスカーナ地方に滞在する際は、2人の運転手を呼び寄せ、メルセデスEクラスとメルセデスのミニバンを長期でレンタルします。ロサンゼルスではリンカーン。専任の運転手が乗り馴れているからです。自身が運転することは稀ですが、それでもときどき乗りたくなります。

自分でハンドルを握る際は何に乗るか。友人が選んだのはフェラーリでした。一日のレンタル台は2000ドル(約21万5000円)。ロサンゼルスで1週間借りました。なぜ、フェラーリなのか。独特の雰囲気が好きだと言います。

イギリスの調査会社クリアが広告代理店のM&Cサーチと共同で実施した世界で最も憧れる20ブランドで、フェラーリはランキング3位でした。全ての分野のブランドが対象で、クルマのブランドはフェラーリだけ。トップはApple、2位はiPhoneでした。日本ブランドはひとつも入っていません。

もう一つ。少し古い調査ですが、MPPコンサルティングが2012年に実施したイタリア・ブランドに関するアンケート調査では、価値が最も高いとされたのはフェラーリでした。2位はプラダ、アルマーニ、グッチが続きます。クルマで次に評価が高かったのはランボルギーニで全体の13位でした。

フェラーリの人気がどこにあるのか。セクシーなデザインや独特のエンジン音。ランボルギーニより親しみやすく、手が届かないほど高価というのが理由として考えられます。そして背景には、販売台数を制限し、希少性を高めるブランド戦略があります。

しかし、その戦略を巡りフェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長と発行株式の90%を所有する親会社のフィアットのセルジオ・マルキオーネ会長の対立が表面化しました。結局、販売台数を7000台に抑えたいモンテゼーモロ会長が辞意を表明する結果になりました。モンテゼーモロ会長は、フェラーリ創業者のエンツォ・フェラーリ氏の側近として知られ、23年間に渡り経営を率いてきた「フェラーリの顔」です。モンテゼーモロ会長の辞任は、創業者時代が終わったことを意味します。

フィアットのマルキオーネ会長がフェラーリの会長を兼務することになりますが、販売台数を年1万台以上に増やし、上場も検討することが予想されます。フェラーリが、世界の富豪が好む「特別なクルマ」であり続けるかどうか、マルキオーネ会長の手腕が問われます。

 
 [SEPTEMBER 12, 2014]  No 0105617







※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ