2分でわかるアメリカ

2014/09/11iPhone6は買いか、Apple Watchはどうか

アップルがついに新型iPhoneを発表しました。iPhone5Sから多くの機能が進化しました。最大の特徴はサイズが大きくなったことです。iPhone6が従来の4インチから4.7インチにアップ、ライバルのサムスンの最新機種「ギャラクシーS5」の5.1インチより一回り小さいサイズです。アップルはさらに、5.5インチのiPhone6 PLUSも発表しました。かなり大きく、スマホというより「ファブレット」です。

アップルがiPhoneのサイズを大きくしたのは、もちろんサムスンへの対抗があります。先進国より、どちらかというと中国などのマーケットを睨んだ展開です。中国をはじめとする新興国では、コンピュータの代替としてスマホを持つ消費者が多く、成長のための選択だとみられます。

iPhone6に新しく導入されたApple Payは、日本でいう「おサイフ携帯」機能です。少し違うのは、アメックス、ビザ、マスターカードの情報を保存して使う点です。主要な銀行、デパートやスーパーマーケットなどと提携、「Appleパワー」で幅広く普及する可能性があります。FeliCaなど日本の技術はまたも「ガラパゴス」になるかもしれません。この分野では、Googleが先行しましたが、いまだ普及していません。

iPhone6は買いか。個人的には、いま使っている2世代前のiPhone5のバッテリーに問題があるため、買い替えようと思っています。カメラの手ぶれ防止機能が欲しかったのと、Apple Payに魅力を感じるからです。バーンスタイン・リサーチのアナリストは、10月からはじまるアップルの新会計年度に1億8200万台の新型iPhoneを売り上げると予想しました。強気予想です。ただ、前機種の5Sや5Cを持ち、通信会社との契約が残っている人にとって急いで買うほどの魅力には一歩欠けるかもしれません。大きなジャンプですが、「クォンタム・リープ」ではありません。

9日のイベントで最も注目を集めたのはApple Watchです。当初は「iWatch」ではないかといわれた名称は、シンプルに腕時計を意味するWatchになりました。ヘルス、フィットネスに焦点を当てたもので、3つの種類、カラーも豊富に用意しました。Appleがファッションの領域に入ったとも言えるほどの商品です。

ただ、幅広く普及するかどうかは未知数です。値段が350ドル(約3万5000円)と高め、iPhoneが近くにないと本来の機能を発揮できません。スマートウォッチは、サムスンやベンチャーのペブルが先行していますが、調査会社IDCによりますと、今年の出荷数は1900万個に留まる見通しです。スマートフォンの今年の出荷予想は12億ですので、比較にならないくらい規模が小さいです。バッテリーの寿命に注力されておらず、生活防水でしかなく海やプールで使えないという弱さがあります。個人的には購入意欲がわきません。必要を感じないからです。なんとなく、ニッチな製品で終わる予感もあります。皆さんは買いますか。

「故スティーブ・ジョブスの時代からティム・クックの時代に変わった」。アップルの新製品はそう思わせるモノでした。ライフスタイルを変える革新性の高いアップルから、幅広い層を狙ったちょっとおしゃれなアップルに変わったように思えます。
 
 
 [SEPTEMBER 10, 2014]  No 0105615

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…
  • 2018.09.15 更新UHNWIでみる富の移動※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争に内外の懸念が高まる中、トランプ大統領は強硬姿…
  • 2018.09.14 更新オクトーバーサプライズ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)「October Surprise(オクトーバーサプライズ)…
  • 2018.09.13 更新ユーロ基軸通貨構想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)EUのユンケル委員長がユーロの国際的役割を拡大させると主張し…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ