2分でわかるアメリカ

2014/09/04COOがいなくなった

COOは、Chief Operating Officerの略語です。業務執行責任者という意味。財務担当役員であるCFOと並んで最高執行責任者のCEOをサポートする執行役員の役職です。アメリカでは、1990年代後半からCEO、COO、CFOの3つの執行役員職による経営が主流になりました。しかし、最近になって変わりました。

USA Todayによりますと、情報サービスを提供している大手のウインドストリーム・コミュニケーションのブレント・ウィッティングトンCOOが先月離職しました。年100万ドル(約1億円)の給与と170万ドル(約1億7000万円)相当の株式という多額の報酬を得ていた重職でした。しかし、会社側はウィッティングトン氏の後任を指名せず、COO職は廃止されました。

COOを廃止する企業が増えています。かつてCOOがいたマクドナルド、ツイッター、アップルなどの有名企業でも廃止されました。企業幹部のヘッドハンティング会社のクリスト・コルダーによりますと、S&P500とフォーチュン500の両方、もしくはいずれかに入る大手企業のうち、2013年時点でCOOがいるのは35%。2000年の48%から大幅に減りました。

背景には、役職のレイヤーを減らす方向にあることがあります。CEOはより現場に近くなり、会社の状況を肌で感じながら経営するという方向になったということだと思います。日本の会社の「会長」に近かったCEOが、日本の会社の「社長」に近づいたと言えます。ただ、日本語で「社長」と訳されるPresidentは、欧米企業には何人もいます。

ところで、欧米と比べて日本の企業は、取締役会と執行役員が区別されていないように思います。欧米企業で意思決定機関の取締役会に入る執行役員は、CEOとCFOの2名程度。過半数は、社外取締役が占めます。上場企業ほど傾向が強く、家族経営の企業は日本の企業に近い構造になっています。
 
 
[SEPTEMBER 03, 2014]  No 0105610

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.23 更新当たったらビリオネアアメリカでは州によって宝くじのルールが異なりますが、多くの州で販売されている「メガミリオン」の1等(ジャックポット)賞金が過去最高になり話題を集めています。メガ…
  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ