2分でわかるアメリカ

2014/08/02「お金持ちの掟46」エリート養成

ロンドンのパディントン駅からオックスフォード行きに乗車。スローという駅で乗り換え少し行くとイートンという駅に着きます。郊外の小さい町ですが、エリート養成のパブリックスクールがあることで知られています。

アメリカと違ってイギリスでは、私立校を「Public School(パブリック・スクール)と呼びます。HarrowやWinchester などの有名校もありますが、名門中の名門はEaton(イートン)です。難関のオックスフォードやケンブリッジに多くの卒業生を送り出すエリート養成スクール。海外からの学生も受け入れています。約3分の1は中国人です。学費は高く、日本円で約450万円。イートンに子女を送りだすことがステータスであり、中国の富裕層の掟のようなものです。

場所は変わってロサンゼルス。ダウンタウンの近くに私立大学USCのキャンパスがあります。場所柄、映画スタジオに幹部候補生を多数送り出している他、ビジネススクールの水準が高いことでも知られています。全米の名門校の中で最も海外の学生の受け入れに積極的です。海外からの学生の約40%は中国人。大学院を含めると、その数は4000人にも達します。USCで講師をしている友人は、キャンパスは中国人だらけだと言っていました。いずれも富豪、もしくは裕福な家庭の子女です。リッツカールトンのレジデントなど高級コンドミニアムに住み、高級車で通学する中国人学生も少なくありません。というより多いです。

裕福な中国人は非常に目立ちます。犯罪のターゲットになることもあります。中国人が事件に巻き込まれたり、交通事故にあうケースが相次いでいます。2012年にはBMWに乗った中国人学生2人が射殺されました。今年4月にはフェラーリに乗った中国人学生が事故で死亡しました。先週は、USCの大学院で学んでいた中国人男性が4人のティーンエイジャーに殺されました。ロサンゼルスの中国人コミュニティだけではなく、中国本土でも大きなスキャンダルになっています。

中国人の多さは、ハーバードやMITがあるボストン郊外、コロンビア大学があるニューヨークのアッパーウエスト、スタンフォードがあるパロアルトでも同様です。欧米の名門校が中国人であふれる。一方で、欧米では中国語を勉強する人が増えています。10年後、20年後の世界経済は、中国人が一段と影響力を増している予感がします。

  [August 01 , 2014]  No 0105587

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ