2分でわかるアメリカ

2014/07/18ソニーが取り残される?

メディア王ルパート・マードックが率いる21世紀フォックスが、タイム・ワーナーを800億ドル(約8兆円)で買収する提案をしていたことが明らかになりました。タイムワーナーは提案を断りました。ただ、マードック氏は買収に高い関心を持っているとされ、新たな提案をする可能性があります。

21世紀フォックスは、映画会社に加え、地上波のフォックス、FXやフォックス・ニュースなどのケーブルチャンネルを持っています。タイム・ワーナーは、映画会社ワーナー・ブラザーズの他、ターナーや有料チャンネルのHBOを持っています。買収が実現すれば、映画会社、地上波、ケーブルチャンネルを傘下に持つ巨大メディアが誕生することになります。

アメリカには、フォックスとワーナー以外に、3つの映画会社とテレビ網を持つ巨大勢力があります。ABCやケーブル・チャンネル、映画部門を持つウォルト・ディズニー、NBCとユニバーサル映画を持つケーブル最大手コムキャスト、そして、CBCとパラマウントのグループです。買収が繰り返され再編が進みました。映画を製作し興行で稼ぎ、その後に傘下のテレビ網で放送するという仕組みが出来ています。

準大手の映画スタジオのライオン・ゲーツもヒット作を連発するサミットと合併、先に買収したデブマー・マーキュリーというテレビのシンディケーション配給会社を使ってテレビ部門を拡大しています。日本で放送されたMAD MENはライオン・ゲーツが制作しています。

再編が進むアメリカのメディア界で、蚊帳の外にいるのがソニー・ピクチャーズです。ベータ対VHS戦争に負けた反省から買収したコロンビア・ピクチャーズが母体ですが、親会社ソニーのエレクトロニクスの不振が重く、買収やテレビ網の設立に動けないでいます。海外でケーブル網を持っていますが規模が小さく、アメリカでは完全に孤立しています。「動けないソニー・ピクチャーズが可哀想だ」との声も良く聞きます。

ソニーのエンターテインメント部門を分離して上場させるという提案をかつてヘッジファンドがしました。21世紀フォックスのタイム・ワーナー買収提案のニュースに接し、考え方、方向は間違っていないのではないかとさえ思えます。アップルとGoogle・サムスンの2大エコシステムが確立されたいま、たとえソニーが高性能の携帯端末を出してもエレクトロニクス部門の復活は難しいとみられます。ソニー・ピクチャーズをどうするかが、ソニー全体の将来を決めるかもしれません。ソニーはアメリカで成功し「世界のソニー」になりましたが、いまは日本国内しかみていないように思えます。
 
 
 [July 17, 2014]  No 0105577







※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.24 更新ソフトバンク孫氏、個人投資で大損社会現象と言えるほど騒がれたビットコイン。インターネット上の仮想通貨です。中国でのブームが去った後、日本の個人投資家が積極的に買ったとされています。2017年1…
  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ