2分でわかるアメリカ

2014/06/18ヒラリーに影響を与えた意外なもの

「お経を読んで影響を受けた」と安倍首相が発言したら。マスコミは大騒ぎするでしょうし、「政教分離がなっていない」との批判が続出するかもしれません。

アメリカだと状況は異なります。2年後、2016年の大統領選挙の有力候補とされるヒラリー・クリントン前国務長官は、10日に発売した回顧録「Hard Choices(困難な選択)」の出版イベントで全米を回っているのですが、これに関連したニューヨーク・タイムズの日曜版のインタビューが話題になっています。

ヒラリー氏は、最も影響を受けた本は「聖書」だと明言しました。「聖書は、自分の考え方に最も影響を与えた。子供の頃から聖書を読んで育ち、覚えるまで読み込み、進む道を教えられた。いまでも、英知、やすらぎ、勇気の源泉になっている。」とヒラリー氏は語りました。

考えてみれば、日本人は無宗教が多い。神棚の前で結婚式をあげたあとに教会に行く、葬式は仏教、死生観は儒教の影響を受けるなど、多くの宗教がライフスタイルに入り込んでいます。一方で、「自分は無宗教」と答える人がどの調査でも80%近くいます。世界的にも極めて稀な国民。

人種のルツボであるアメリカには、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、仏教など、あらゆる宗教を信じる人が混在しています。ただ、社会全体ではキリスト教が基盤になっています。ドル札やコインには「In God we trust(われわれは神を信じる)」と書かれていますし、歴代の大統領の宣誓式では、一部の例外を除き、聖書の上に手を置いて、新大統領が宣誓します。過去の大統領はいずれもクリスチャン。アメリカは「政教分離」が原則ですが、日本などと比べ厳格ではなく、「ゆるやかな分離」と言えます。キリスト教が、政治に一定の影響を与えています。

ヒラリー氏の「聖書」発言は話題になりますが、スキャンダルにはなりません。アメリカ政治とキリスト教の関係、もしくは政治と宗教の関係は、 政治学の永遠のテーマだと思います。
 
 
 [June 17, 2014]  No 0105555

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.23 更新円相場、4月以降に大きく動く?世界が注目する米中貿易協議。ムニューシン財務長官とライトハイザー通商代表が来週、北京で劉鶴副首相らと協議。その翌週は、劉鶴副首相がワシントンを訪問する計画。大詰…
  • 2019.03.22 更新ブレグジット混迷、シナリオ多いメイ首相がEUのトゥスク大統領に宛てた書簡で、ブレグジット(イギリスのEU離脱)を6月30日まで延期することを正式に要請しました。しかし、「5月23日より先の離…
  • 2019.03.21 更新米中貿易協議、トランプ大統領の表と裏止まっていた貿易をめぐるアメリカと中国の協議が再開します。ムニューシン財務長官とライトハイザー通商代表が3月25日の週に北京を訪問し、劉鶴副首相らと協議。交渉期…
  • 2019.03.20 更新米経済、今年と来年は急減速との予想アメリカ経済が今年と来年に急減速する。FRBの会合(FOMC)前に実施するCNBCの最新の調査でエコノミストがこう予想していることがわかりました。調査にはアメリ…
  • 2019.03.19 更新オルーク氏は「第2のオバマ」?2020年の大統領選の候補者争いが本格化しています。共和党はトランプ大統領を再指名することが確実。対抗する民主党は、これまでに15人が候補者争いに名乗りをあげま…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ