2分でわかるアメリカ

2010/07/21Googleのつまずき


アップルのiPhoneキラーと呼ばれたGoogleのスマートフォン、ネクサス・ワンの販売が停止されるようです。ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、販売不振が理由だそうです。

ネクサス・ワンは、今年1月に発売されました。iPhone同様にタッチスクリーンを採用、ネットの使いやすさが売りでした。Google自らもネットで販売しましたが、全く売れず、カスタマー・サービスも不評でした。

世界最大シェアの検索サービスや、無料で大容量のメールサービス、衛星写真など、ユニークなサービスは世界をびっくりさせました。スマートフォンでもGoogleは大成功すると期待されただけに、ネクサス・ワンは、あまりにも早い市場撤退でした。

なぜ、ネクサス・ワンは失敗したのか。デザインや機能は、iPhoneや他のスマートフォンと遜色がありません。しかし、iPhoneが、ネクサス・ワンより圧倒的に優れているものがあります。それは、多種多様なAPPSです。

 もちろんGoogleにもアプリケーション・ソフトAPPSがありますが、その種類と数の豊富さはiPhoneが圧倒しています。第三者のデベロッパーは勝ち組に乗るため、次から次へと新しいAPPSが生まれます。現在10万以上のアップル用APPSがあるそうです。 

ソニーのプレステ1がかつて大ヒットしたのは、第三者による豊富なソフトが要因と分析されています。しかしプレステ3は、技術的なハードルが高く、開発費も高いため、魅力的なソフトが生まれず売れませんでした。プレステ1同様に、iPhoneの勝因はAPPSというソフトにつきると個人的にはみています。

僕の娘が通うアメリカの小学校では、生徒のおよそ半分がアップルのiPodTouchを持っています。音楽プレイヤーとしても使いますが、目的はゲームのAPPSです。子供が大きくなると携帯は当然、iPhoneを買います。iPhoneのAPPSの良さは、使った人にしか分かりませんが、一度使うと、他のスマートフォンには見向きもしなくなります。

ノキアはスマートフォン市場で苦戦、新しい経営者を募集中です。アメリカのモトローラ、台湾のHTC、韓国のサムスンなど世界中の携帯電話メーカーが新型スマートフォンを市場に出していますが、ユニークなソフトがありません。アップルの一人勝ちが続きそうです。それにしても、日本の会社は完全に出遅れましたね。残念です。

[July 20, 2010] No 010209

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.21 更新ダウのオリジナル企業、全消滅※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会が19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ