2分でわかるアメリカ

2010/07/20スティーブ・ジョブズのiSorry


僕の娘は10歳です。保育園からアメリカの学校です。土曜日の午前中だけ日本人学校に行っているのですが、メンタリティーは完全にアメリカ人です。

娘はまだ反抗期ではないのですが、妻と時々口論しています。というよりも、論戦しています。自分の主張を正当化するために論理的に責め、妻が言いくるめられることが少なくありません。

僕は大学まで日本で教育を受けました。妻は大学院以外はロシアです。このため、僕も妻もアメリカの教育に驚きを感じることが多くあります。日本やロシアの教育と根本的に違うのはプレゼンテーションです

アメリカの学校では、プレゼンテーションする機会が頻繁にあり、他の生徒や先生をいかに感動させられるか、いかに説得出来るかがいつも求められます。精神論重視で受け身教育の日本とは対照的に、アメリカは攻撃型、または積極参加型なのです。

先週金曜日のアップルのスティーブ・ジョブズCEOの記者会見をみて、「やはりアメリカ」だとあらためて思いました。

 「我々は大きな問題を抱えるとは感じていない」「我々は情報を隠したりしない」「他社のスマートフォンも接続の問題を抱えている」「iPhone4はたぶんアップルが作った最高の製品だ」「完璧ではないが、最善は尽くした」 

iPhone4の通話が途切れる問題で、ジョブズ氏は、不満を持つユーザーには陳謝したものの、アップルは間違っていない」と1人壇上で熱演したのです。

僕のiPhone3GSは通話が頻繁に途切れます。ブラックベリーではなかった現象です。でも、ジョブズ氏の話を聞いていると「そうか」と納得してしまうので不思議です。

スティーブ・ジョブズ氏のカリスマ性もあると思うのですが、日本とは180度違います。日本の会社で似たようなことが起こったら、きっと社長と役員が全員起立して、「申し訳ありませんでしたー」と深々と頭を下げるんでしょうね。

[July 19, 2010] No 010208

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ