2分でわかるアメリカ

2014/05/03「お金持ちの掟32」富豪の失敗

経済チャンネルのCNBCが開局25年を記念して、過去25年で世界の経済やビジネスに最も影響を与えた25人の企業家や政策担当者のリストを作成しました。

リストのトップは、アップルの共同創業者であるスティーブ・ジョブズ氏。世界のライフスタイル、家電業界、エンターティンメントの構造を変えたジョブズ氏は100年に一度の人材といわれています。マイクロソフトのビル・ゲイツ氏が続きます。

3位には、FRBのバーナンキ前議長とグリーンスパン元議長が政策担当者として唯一ランクインしました。4位以下に、セルゲイ・ブリン氏、ラリー・ペイジ氏、エリック・シュミット氏のグーグル経営者、アマゾンのジェフ・ベゾス氏、投資の神様ウォーレン・バフェット氏ら、著名な起業家や投資家がずらりと顔を並べました。http://cnb.cx/1fMdJjL

アメリカ人以外では、インドのITの生みの親であるNRナラヤナ・マーシー氏、フランスの高級ブランドLVMHのベルナール・アルノー氏、アジアで最もリッチな香港のリ・カシン氏、スペインのアパレルZARAのアマンシオ・オルテガ氏、台湾のスマホHTCのシェ・ワン氏、アフリカの起業王アリコ・ダンゴテ氏、そしてメキシコの起業家カルロス・スリム氏の7人が入りました。日本人の名前はありません。 残念です。

リストの25人のうち、3位のFRBトップを除いた24人(正確には複数の人数がリストアップされているため、24人以上います)は、いずれもビリオネアーです。名簿にのった一部の富豪に、CNBCがインタビューしています。成功の秘訣などについて語っているのですが、興味深いのは過去の失敗です。

リストの18位に入ったヒューレット・パッカードのメグ・ウィットマンCEO。ウィットマン氏は、世界最大のオークション・サイトeBayを起業したことで知られています。ウィットマン氏は、創業時の早い段階で、当時世界2位の経済大国だった日本に進出しなかったことが失敗だったとCNBCのインタビューの中で語っています。経営者として、世界情勢を把握しなかったことを後悔しています。

女性がもう1人。リストの22位。HTCを創業したワン氏は「顧客のことを徹底的に知れ」との知人のアドバイスを聞かなかったことで失敗したと話しています。大口納品した取引先が破たん、巨額の損出を計上したことがあったと回顧しています。失敗を教訓に、アドバイスに忠実に経営、世界有数のスマホメーカーに成長しました。

最後にもう1人。21位のサンディ・ワイル氏。トラベラーズとシティバンクを合併させ、巨大な金融会社をつくったワイル氏は、合併後すぐに、親しかったジェイミー・ダイモン氏を解雇したことを後悔していると語っています。ダイモン氏は現在、JPモルガン・チェースのトップ、ウォール街を代表するバンカーです。人を見る目がなかったということでしょうか。

ホンダを創業した本田宗一郎氏は、失敗経験がある人を積極的に採用したことで知られています。「失敗することを恐れるより、何もしないことを恐れろ」という名言を残しました。ビリオネアーの失敗談に共通したものをみてとれます。

 
[May 02, 2014] No 0105524

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…
  • 2018.09.15 更新UHNWIでみる富の移動※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争に内外の懸念が高まる中、トランプ大統領は強硬姿…
  • 2018.09.14 更新オクトーバーサプライズ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)「October Surprise(オクトーバーサプライズ)…
  • 2018.09.13 更新ユーロ基軸通貨構想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)EUのユンケル委員長がユーロの国際的役割を拡大させると主張し…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ