2分でわかるアメリカ

2014/04/24豊かでなくなったアメリカ

「名犬ラッシー」「アイ・ラブ・ルーシー」「奥様は魔女」、いずれも1950年代から1960年代に放送されたアメリカのホームドラマです。ドラマに登場する大きな一軒家にはテレビ、洗濯機、冷蔵庫の三種の神器があり、「ウサギ小屋」の我が家との違いに日本人は愕然としました。

ドラマに登場したのは、アメリカの典型的なミドルクラス(中流家庭)の住宅でした。アメリカのミドルクラスは、日本だけではなく、ヨーロッパのミドルクラスと比べても圧倒的に豊かでした。アメリカでは毎年、世界で最多のビリオネアーやデカミリオネアー(個人資産が10億円を超える人)を生み出していますが、一方で、ミドルクラスの生活が苦しくなっています

The New York Timesの分析では、アメリカのミドルクラスはもはや世界一豊かでありません。他の先進国のミドルクラスの収入が過去30年間で大幅に上昇、多くの国がアメリカを超えたと伝えています。

LSI(ルクセンブルグ・インカム・スタディ・データベース)によりますと、アメリカの4人家族あたりの年収の中間値は、1980年から2010年までの30年間で20%増えました。詳しく見ると、2000年から2010年までの10年間は横ばいでした。一方、同じ統計で、イギリス人の収入は2000年からの10年間で20%増えました。オランダでは14%、カナダでは20%増えました。

社会保障や教育費などの要素を含めると、ヨーロッパのミドルクラスはアメリカ人よりさらに豊かだとThe New York Timesは指摘しています。アメリカの有名大学の授業料は年4万5000ドル(約450万円)もかかり、その他の経費を含めると大学4年間で25万ドル(約2500万円)かかるとされています。子供を持つアメリカ人の親は、よほどのお金持ちを除き、誰もが教育費の工面に頭を痛めます。ヨーロッパの大学の授業料は良心的です。

アメリカは、ヨーロッパや日本と比べ極端な格差社会です。企業の幹部は信じられないくらい高い報酬をとりますが、経験が少ない社員の給料は想像以上に低い傾向があります。富の配分の違いが背景ですが、個人的にはアメリカの方が歪んでいると思います。別の言い方をしますと、アメリカは資産家に優しい社会であり、ミドルクラス以下に厳しい社会です。
 
 
[April 23, 2014] No 0105518

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ