2分でわかるアメリカ

2014/02/25ウォール街はカーリングがお好き

先週金曜日、ニューヨーク郊外の金融機関を訪問したのですが、トレーディング・フロアに数台あるテレビ・モニターにソチ五輪の中継が流れていました。普段はCNBCを流しっぱなしにしているのですが、アメリカ対カナダのアイスホッケー準決勝が気になり、取引どころではなかったようです。アメリカでは伝統的にアイスホッケーが人気。ただ、CNBCは、ウォール街が一番好きな冬のスポーツはカーリングだと伝えました。

15世紀にスコットランドで生まれたカーリングは、4人で構成された2つのチームで競うスポーツ。氷上の円をめがけてストーン(石)を滑らせ、最終的に円の中心にストーンを近づけたチームが得点を得ます。ストーンをコントロールする技術やチームプレーが大事なのですが、最も重要なのは「先読みする戦略と戦術」です。カーリングが「氷上のチェス」と呼ばれるのはこのためです。

ウォール街の金融機関では、少人数のチームが相場を先読みして投資戦略をたてることが多くあります。カーリングに共通する要素が多くあります。フォーダム大学のスポーツ心理学の教授は、相手の行動を予想して戦略を立てること、状況の変化に応じて小幅な修正を加えることなどがウォール街での仕事と非常に類似していると話しています。

アメリカの五輪放送権はNBCが持っていて、メインのNBCのほか、系列のCNBCでも一部の試合を放送しました。CNBCは、過去に何度もニューヨーク証券取引の取引が終わった1時間後の午後5時にカーリングの試合を放送しましたが、他の競技と比べ視聴率が大幅に高かったそうです。CNBCによりますと、バンク・オブ・アメリカのトレーダーは、カーリングの各チームの過去データを分析、勝敗を予想しているそうです。

ソチ五輪のカーリング男子は、カナダがイギリスを下し3連覇しました。また、美人選手が多く別の意味で人気のカーリング女子では、カナダがスウェーデンを破り、金メダルを獲得しました。カナダの投資家戦略を勉強するのも悪くないかもしれません。
 
 
[FEBRUARY 24, 2014] No 0105479

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.23 更新「トランプ関税」、NYダウ狙われる?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ大統領は22日、EUから輸入される自動車に…
  • 2018.06.22 更新米中の報復関税、最初の兆候※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領の言動がきっかけで、貿易をめぐる米中関係が貿易…
  • 2018.06.21 更新ダウ平均のオリジナル企業、全除外※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会は19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ