2分でわかるアメリカ

2014/02/21ノリノリからセクシーまで、凄すぎる安全ビデオ

ロサンゼルスからデルタ航空のレッドアイに乗って今朝、ニューヨークに着きました。レッドアイとは、睡眠不足で「目が赤い」ことから呼ばれるアメリカの大陸横断深夜便のことです。

デルタ航空に乗っていつも感心するのは、機内で流される安全ビデオです。禁止事項やシートベルト着用や酸素マスクの装着法などを説明するビデオですが、ユーモアがところどころにちりばめられていて面白い。つい見入ってしまいます。

上には上がある。調べてみると、世界の航空会社の安全ビデオは大きく変わりました。

アメリカの格安航空ヴァージン・アメリカは、去年10月にミュージカル風安全ビデオを公開しました。ドラマ「GLEE」やディズニーの「HIGH SCHOOL MUSICAL」なみの本格的なビデオです。ただ歌詞には、連邦運輸当局が定める要素が全て盛り込まれています。カッコいいです。http://bit.ly/1bfg0o1

トルコのペガサス航空のビデオも面白い。トルコ語が理解できなくても、美人CAの踊りや仕草がノリノリで笑えます。トルコはイスラム圏でお堅いイメージがありますが、よく踏み切ったと感心します。http://bit.ly/1gOcOl8

凄いと話題なのがニュージーランド航空です。映画「ホビット」とコラボした安全ビデオがかつて話題になりましたが、今度はSI(スポーツ・イラストレーテッド誌)とコラボしました。SIといえば、セクシーな水着モデルで有名。安全ビデオには4人の現役の水着モデルがビキニで登場します。http://bit.ly/1gmgfzn

「セクシーすぎる」と直に話題になり、YouTubeに投稿後わずか2週間ほどでアクセス数は250万近くに達しました。あまりの人気にメーキングのビデオまで登場しました。利用者が増えたかどうかは不明ですが、マーケティング効果は抜群です。

アメリカでは、駐車違反やスピード違反でチケットを切られると安全講習を受けなければなりません。講師は警察官ではなく、コメディアンです。場所も警察ではなく、ホテルやコメディクラブ。退屈になりがちな講習やビデオに関心を集めるための手法です。外から見ると「堅過ぎる」日本も、視点を変えて安全対策を進めるといいかもしれません。
 
 
 [FEBRUARY 20 , 2014] No 0105477

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ