2分でわかるアメリカ

2014/01/104K、早くも値崩れ


 ラスベガスで今週、世界最大の国際家電見本市「コンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)」が開かれています。 

今年のCESは、別業種の自動車メーカーが相次いで出品、家電とコンピュータから自動車まで幅広い分野で垣根がなくなっていることを示しました。ここ2、3年のCESは「3Dテレビ」「スマート・テレビ」が目玉でした。あまりにもニッチな3Dをなぜ競い合うのか疑問に思っていましたが、やはり全く売れませんでした。それに比べて今年は、売れそうな家電がメインになりました。

「4Kテレビ」。Kは「キロ」のことで、4000を表します。解像度が従来のHDTVもしくはフルハイビジョン(1080p)の4倍の画素数がある横4000×縦2000前後の解像度を持つテレビです。UHD(ウルトラHD)とも呼ばれます。今年のCESでは、世界の主要テレビメーカーが「手の届く4Kテレビ」を相次いで発表しました。ハリウッドの映画スタジオも4Kのコンテンツを相次いで発売する計画です。

ソニー、東芝、シャープなど日本メーカーが2000ドル(約20万円)前後の価格を抑えた4Kテレビを発表しました。一方、サムスンは「折り曲げ可変」のテレビを発表、LGも105インチの湾曲型テレビを公表し話題を集めました。

個人的に驚いたのはVIZIOです。南カリフォルニアに拠点を置く新興メーカーのVIZIOは、999ドル99セントと1000ドル(約10万円)を割る4Kテレビを発表しました。サイズは50インチです。VIZIOは、2599ドル99セント(約26万円)の70インチまで5種類の4Kを用意しました。

4Kテレビは、存在感がなくなった日本メーカーの生き残りを賭けた目玉商品と言えます。中国市場では4Kテレビの販売が伸びているようですが、VIZIOの価格設定をみると年内に大幅に値崩れすることが予想されます。また、若者を中心に動画コンテンツをiPadなどで視聴する人が急激に増え、テレビ離れも急速に進んでいます。ウォール・ストリート・ジャーナルは、テレビメーカーには革新性がなくなったと伝えています。4Kテレビは日本のメーカーの救世主にはならない予感がします。

[JANUARY 09 , 2014] No 0105446

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ