2分でわかるアメリカ

2013/12/12ボルカールール


FRBは10日、銀行が高リスクの自己勘定取引を禁止することなどを盛り込んだ「ボルカールール」の最終案を承認しました。預金保険公社など他の4つの政府機関も採択しました。これにより、オバマ大統領がボルカールールを発表してから1419日を経て、実行に移されることになります。

 「ボルカールール」とは、幅広い金融取引をカバーした規制である「ドッド・フランク法」の条項、つまり一部です。元FRB議長のポール・ボルカー氏が草案をつくったことが名前の由来です。71ページからなりますが、FRBなど関係機関からのコメントが900ページ以上ついています。 

ボルカールールは、銀行の自己資金によるデリバティブ、商品先物、証券などの取引を原則禁止することや、ヘッジファンドやプライベート・エクイティファンドなどへの出資も制限しています。さらに最高経営責任者(CEO)には、厳格なコンプライアンスの手続きを設けたことを証明するよう求めています。

ボルカールールが発表されて以来、日本を含めた外国政府や大手金融機関などから1万8000件もの注文が寄せられ、多くの例外規定が盛り込まれました。その内の1つは、日本国債などのいわゆるソブリン債は米国債と同様に例外として扱われることになりました。つまり、自己勘定で日本国債を買っていいということです。また、顧客に代行してリスクを軽減するためのヘッジ取引も認められました。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、過去3年の間に世界の金融機関が劇的に変わったと報じました。自己勘定部門は事実上消滅し、トレーダーはルールが適用されないヘッジファンドなどに移ったほか、トレーダー出身の幹部の交代が進んだとしています。オバマ大統領がルールづくりに着手して以降、ウォール街の金融機関はルールの方向で既に変化したということです。ルールにより「ロンドンの鯨」のようなスキャンダルはなくなりそうですが、ドル箱だったトレーディング部門の収益が激減することが予想されます。ルール順守の期日である2015年7月21日まで、多くのドラマがウォール街で繰り広げられることになりそうです。

[DECEMBER 11 , 2013] No 0105428

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…
  • 2018.09.15 更新UHNWIでみる富の移動※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争に内外の懸念が高まる中、トランプ大統領は強硬姿…
  • 2018.09.14 更新オクトーバーサプライズ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)「October Surprise(オクトーバーサプライズ)…
  • 2018.09.13 更新ユーロ基軸通貨構想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)EUのユンケル委員長がユーロの国際的役割を拡大させると主張し…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ