2分でわかるアメリカ

2013/12/06Facebookは5年後に消える?


 もうすぐ14歳になる娘がFacebookを使わなくなりました。「つまらない」というのが理由です。中学校の友だちでFacebookを利用している人は1人もいなくなったそうです。 

ハイテクの分析で定評があるパイパー・ジャフレーの調査によりますと、ソーシャル・メディアの中でFacebookが最も好きと答えたティーンエイジャーは42%でトップでした。1年前の話です。今年春の調査では33%に大幅減、そして最新の調査では23%に落ちました。

ティーンエイジャーの間でFacebook熱が急速に冷めている背景には、プライバシーへの懸念があること、親と情報をシェアすることを嫌い始めたことがあります。仲のいい友だちだけで、面白い写真や噂を共有したいというティーンエイジャーの心理がFacebookを遠ざけているのです。

「Facebookが落ち目ならTwitterか」と大人は単純に考えるのですが、娘の友だちはTwitterにも興味がありません。いったい、どんなソーシャル・メディアを使っているのか。

最も人気があるのがInstagram。一部の大人は料理や自然の写真を共有していますが、ティーンエイジャーはセレブなどの写真にコメントをつけてシェアしています。写真が10秒以内に消えるSnapchatも娘が毎日何回も使っています。

メッセージ・サービスでは、WhatsAppとKikが人気。LineやAIMの人気は地に落ち、Skypeは存在感がありません。このほか、AskFMはティーンエイジャーのデファクト・スタンダードになっています。AskFMはラトビアでつくられた質問アプリ。わからないことがあったら、iPhoneのAskFMのアプリで聞くのがティーンエイジャーの常識です。

最近、知り合いから「iPadをついに買った」という連絡がありました。アナログ派のおじさんのデジタルデビューです。ウォール街関係者の多くは、Facebook 、Twitter 、Zyngaなど上場企業のアプリが最先端だと考えています。ちなみに、今の一番人気のInstagramはFacebookが完全買収しています。マーク・ザッカーバーグ氏もFacebookが長続きしないことを予見していたのでしょうか。確かに最近積極的に投稿している人のほとんどはシニア層です。アナログ派のおじさんがInstagramを使い始めた時、娘はもう利用していないと思います。

[DECEMBER 05 , 2013] No 0105424

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ