2分でわかるアメリカ

2013/12/05ヤフーテレビが主流に?


マリッサ・メイヤー氏がCEOとしてグーグルから引き抜かれて以降、ヤフーは大きく変わりました。サーチ・エンジンの利用が増えたほか、コンテンツが充実、モバイル用アプリも際立って良くなりました。ちなみに、ヤフージャパンはソフトバンクの傘下にあり、アメリカ本体のヤフーとは別物です。ここで言うヤフーは、アメリカのヤフーです。

変わるヤフーを象徴するのが、先週発表されたケイティ・クーリック氏のヘッドハンティングです。ケイティ・クーリック氏は、NBCの人気朝ワイド「ザ・トゥデイ・ショー」のアンカーを長年続け「アメリカの顔」とも言える存在。2006年にCBSニュースに移籍、夜のニュースを担当しました。現在は「ケイティ」というトーク番組をABCに持っています。伝統的なテレビの大物が、ヤフーに移籍するのです。

ヤフーは、ケイティ・クーリック氏の役割の詳細を明らかにしていません。プレスリリースでは「2014年はじめからヤフー・ニュースの開発を手伝う」としています。ヤフーは先月までに、ニューヨーク・タイムズのテクノロジー・コラムニストと政治記者を雇いました。テレビに対抗する本格的なニュース番組を提供する可能性があります。ヤフー社内にニュース部門を構築しているとの情報も聞こえてきます。

アメリカのテレビ、特にネットワークのCBS、NBC、ABCのニュース番組は完成度が高く、世界で最も優れていると思います。また、CNNに代表されるケーブル・ニュースは世界の政治を動かすほどの影響力があります。一方で、速報性や双方向性ではフェイスブックやツイッターなどのソーシャル・メディア、そしてグーグルとヤフーの影響力が強まりつつあります。個人的には、ヤフーが先陣を切って伝統的なテレビの世界を変えて欲しいと考えます。

 もうすぐ14歳になる娘は、ほとんどテレビを見ません。情報は全てインターネット、映画などの動画もiPadやiPhoneで見ています。クラスメイトも同様です。テレビでニュースやスポーツを見るのはシニア世代だけになるかもしれません。 

[DECEMBER 04 , 2013] No 0105423

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ