2分でわかるアメリカ

2013/12/04米株式相場とドル


今月最初の取引だった2日のニューヨーク株式相場は下落、きょう3日も売りが先行しました。雇用統計の発表を金曜日6日に控え、強い統計が発表された場合、FRBが今月にも緩和縮小に踏み切るとの観測が広がっていることが背景です。

 先月11月の株式相場は連日最高値を更新、ウォール街が沸きました。「バブルではないか」との指摘も増えました。 

軟調にスタートを切ったものの、歴史的にみて12月は株式相場が強い月です。

1900年以来、ブルーチップと呼ばれる大型優良株30で構成されるダウは12月が最高の月。ファンド・マネージャーらプロの投資家がベンチマークにしているS&P500指数にとっては2番目にパフォーマンスが良い月です。歴史は浅いですが、ナスダックにとっても2番目。

CNBCのデータで過去20年間のパフォーマンスを調べても、12月の株式相場が強いことがわかります。一部では「サンタ・ラリー」と呼ばれているそうです。

1993年から去年までの間、ダウが月間ベースで上昇した確率は85%、平均上昇率は1.44%でした。S&P500は80%の確率で上昇、平均1.46%の上昇。ハイテク銘柄の割合が多いナスダックは、ネットバブルの影響もあり上がった確率は55%に留まりましたが、平均上昇率は1.98%でした。

採用銘柄が2000あるラッセルは85%の確率で上昇しています。上昇率は3.36%とダウなどと比べ大幅。大型銘柄より小型銘柄の上昇が目立ったことを示しています。

今年の12月も高いのか。景気は順調に回復していること、株式市場への資金流入が続いていることなどから、一時的な調整はあっても上昇基調は続くとの見方が優勢です。年初から大幅に上がっているため、12月に売ると多額のキャピタルゲイン税を年明けの申告で納める義務が発生するので、それを避ける投資家が多いとの指摘もあります。税金を理由に、「売り」を年明けまで待つということです。

ドル相場はどうか。予想通り、株式相場が例年のように上昇する場合は、ドルにポジティブに影響する可能性があります。財政を巡る共和党と民主党の対立など不安定要因がありますが、一時的調整はあっても株高・ドル高基調が続くとの見方が少なくありません。

[DECEMBER 03 , 2013] No 0105422

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.21 更新ダウのオリジナル企業、全消滅※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会が19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ