2分でわかるアメリカ

2013/11/01番外編:1兆円のドル送金とタンス預金


前日に続いてベトナム編。

ビバリー・ヒルズのリトル・サンタモニカ通りにあるクラスタシアン。カニ料理とガーリック・ヌードルの高級ベトナム・レストランです。1971年にサンフランシスコで創業、ビバリー・ヒルズ店はセレブの定番レストランになりました。

クラスタシアンのオーナーシェフのアンさんは、中越戦争やベトナム戦争前後にアメリカやカナダに渡った「越僑と呼ばれるベトナム人です。越僑は世界に400万人いると推定されています。特に、アメリカ・カリフォルニア州のオレンジ・カウンティに多く、リトル・サイゴンと呼ばれるコミュニティがあります。アン・ファミリーのように事業で成功したベトナム人も少なくありません。

ベトナム財務省は、今年度の財政計画で、816兆ドンの歳入を見込んでいます。日本円に換算すると約4兆円です。一方、越僑によるベトナムへの送金額は年に約1兆円もあると推定されています。歳入の4分の1に相当する規模。海外に在留する越僑が親族などにドルを送金しているものです。ベトナムの外貨準備高は輸入の1.5ヶ月分しかないのですが、巨額の外貨が民間に流れています。

ベトナム経済を語る上でもう1つの特徴的は金です。ベトナム通貨ドンへの不信感を背景に、伝統的に金が代替通貨として取引されてきました。個人の取引が活発で金が高騰、国内価格が国際価格を大きく上回る状況が続いていました。中央銀行であるベトナム国家銀行は去年5月、金地金の製造や金原料の輸出入を独占的に管理することを決めました。しばらく安定していたのですが、今年に入り国内価格が再び上がり始めました。10月末時点のベトナム国内価格は、国際価格を200ドル近く上回る異常な事態になっています。ドンを金そして米ドルに交換してタンス預金する。これがベトナムでは一般的です。

最後に、ベトナムは公務員の給料が低いため、賄賂が日常茶飯事になっています。欧米や日本で、公務員に対する贈収賄防止法が施行されたため、賄賂が減ってきているとの指摘がありますが、ベトナム人女性に聞いたところ、交通違反した際は1000円程度を払って見逃してもらっていると話していました。裁判官もお金で買えると言う人もいました。汚職指数ランキングではベトナムは世界123位。80位の中国より汚職度が高く、172位のミャンマーよりクリーンに位置づけられています。

越僑のドル送金、金のタンス預金、そして汚職が、ベトナム経済を語る3つのキーワードです。4つ目のキーワードを挙げるとすると、社会主義だと思います。ドイモイ政策で市場経済が広がり、ベトナム人は社会主義国家であることをあまり気にしていないように感じます。30度を超す熱帯性気候が影響しているのでしょうか。特にホーチミンの繁栄は訪問者に強いインパクトを与えます。

[OCTOBER 31 , 2013] No 0105399

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ