2分でわかるアメリカ

2013/10/30番外編:アジアのマネー・センター


 シンガポールの中心地、オーチャード・ロードに近いフォーシーズンズ・ホテル。最上階には「Windows East Widows West Pool」があります。プールに「東の窓・西の窓」と名付けているのです。 

アジアの金融センターとしての地位を香港と競ってきたシンガポールは、時差を香港に合わせてあります。地理的には日本から2時間遅れているのですが、取引時間で香港に負けたくないため、無理やり合わせています。このため、朝は7時まで明るくなりませんし、夜は7時まで暗くなりません。

経済チャンネルのCNBCのアジアの拠点はシンガポールにあります。キャスターはシンガポールのヘッドクオーターから、東京、ソウル、香港、メルボルンと中継で各市場の状況を伝えます。ニュースは、アメリカと中国の情報が多く、日本の情報はローカル・ニュースでしかありません。キャスターは、アメリカ英語を喋ります。日経新聞との合弁会社「日経CNBC」がありますが、CNBCアジアと比べ、中身も情報量も別次元のものになっています。

1997年に統治していたイギリスが中国に返還して以来、香港はアジアのマネー・センターと言うより中国本土への窓口として役割が大きくなりました。一方、シンガポールはアジア太平洋地区のマネー・センターとしての地位が高まっています。東京三菱UFJ銀行のシンガポール支店の行員数は、香港支店の1.5倍います。欧米の主要金融機関と有力なヘッジファンドなどがシンガポールに大きな拠点を置いています。

シンガポールのマーケットが閉まった後、CNBCアジアは、CNBCヨーロッパに切り替わります。ロンドンを拠点にニューヨークが開くまで、ヨーロッパ・マーケットを伝えます。

CNBCは、世界のマネーの動きを象徴していると思います。ニューヨークからシンガポール、そしてシンガポールからロンドン、そしてニューヨークをシームレスに動いています。英語圏で、決済や発想の中心はドル・ベースであることが共通しています。日本人は発想が内向きになりがちですが、シンガポールにいると外向きに発想することの重要さを感じます。

[OCTOBER 29 , 2013] No 0105397

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ