2分でわかるアメリカ

2013/10/24iPadエアは買いか


アップルが22日、iPadの第5世代となるiPadエアを発表、11月1日から中国を含めた世界の主要国で発売します。  

iPadエアのディスプレイのサイズは従来と同じ9.7インチですが、本体は約2ミリ薄くなりました。重さは3割ほど軽量化。MPUはA7、OSは最新のiOS7を搭載しています。カメラの画質も上がりました。一言でいえば、薄く軽く速くなりました。予想されていた指紋認証のセキュリティ機能は見送られましたが、これはiPhone5Sの需要が強かったことが影響している可能性があります。

アップルはまたiPadミニも同時に発表しました。Retinaと呼ばれる高画質のスクリーンを採用、値段は従来より70ドル(約7000円)高く設定されました。399ドル(約4万円)です。

驚いたことにアップルは、iPad2とこれまでのiPadミニも値段を下げて販売を継続すると発表しました。幅広い価格帯を揃え、年末商戦に備えるアップルの戦略です。

急拡大するタブレットはアップルが創った市場です。IDCのまとめでは、デビューした2010年に80%超あったiPadのシェアは32.5%に低下しました。

ただ、携帯端末のトラフィックを調査しているチキータによりますと、タブレットによるウェブ・トラフィックの84.3%はiPadから来ています。つまり、アマゾンのキンドルやサムスンのギャラクシーの利用率は極めて低いと言えます。個人的には、機能はiPadが他を圧倒していると思います。

我が家では、自分がiPad2、妻がiPad3、娘がiPadミニを使っています。最近は高画質のビデオが増えたこと、そしてiPad2の重さが少し気になっていたことで、個人的にiPadエアの購入を考えています。アメリカのメディアやアナリストの反応も上々です。

ただ、iPad3やiPad4を持っている人の買い替えは慎重にした方が良いかもしれません。また、iPadミニはスクリーンが小型で解像度の低さが気にならないため、アップグレードは待った方がいいと思います。ただ、新規に購入を検討している人は絶対に買いです。たぶん。

[OCTOBER 23 , 2013] No 0105394

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ