2分でわかるアメリカ

2013/10/23日本はどう匂いますか


海外の空港に降り立つと、その土地特有のニオイがするとよく言われます。これは、空港内にあるレストランやカフェなどで出される食べ物や飲み物のニオイからくるものではないかと思います。実際にパリの空港ではチーズと香水が入り混じったニオイがしますし、ローマの空港ではピザ、ソウルではキムチのニオイがします。

アメリカはどうか。ロサンゼルスやニューヨークの空港で飛行機から降りた瞬間、バターのニオイがします。正確にはバターとコーヒーが入り混じったニオイ。これは、空港内で販売されているポップコーンとスターバックスのニオイが入り混じったニオイではないかと個人的に思います。鼻が慣れているせいか、アメリカ人には無臭だそうです。アメリカ人の友人に聞いたことがあります。

一方、日本の空港は醤油のニオイがすると言われます。実際、アメリカが長いロシア人の妻は、日本は醤油臭いと言います。ネットで検索してみると「日本は醤油の匂いって本当ですか」というQ&Aが沢山ありました。空港のレストランで出される寿司の醤油やうどんの汁のニオイからくるのではないかと思います。それにカレーライスからくるカレー風味が加わることもあります。

いまトランジットで日本にいます。ロサンゼルス-羽田便だったのですが、空港を降りた瞬間に独特のニオイがしました。日本生まれの日本人なので無臭、もしくは海外生活が長いためカレーフレーバーの醤油のニオイがするはずなのですが、違いました。何とも言えない独特のニオイ。同じニオイがホテルでもしました。

何のニオイか最初はピンとこなかったのですが、これは「カビ」のニオイです。チーズのカビのニオイではなく、あまり印象が良くないカビのニオイ。台風が接近し湿度が上昇したからではないかと想像します。ニオイだけでなく、ムッとする独特の感じが体全体にしました。乾燥しているカリフォルニアから来たことも影響して、強いインパクトがあったのではないかと思います。気が付いてみると、髪の毛がしっとりしていました。パサパサから潤いが出た感じです。

 人に初めて合う際は第一印象が大事です。空港は「空の玄関」と言われますが、海外から日本を訪問する人にとって空港のニオイが日本の第一印象です。その印象はずっと残ります。寿司やうどんは日本の食文化を代表するものなので良いと思うのですが、カビ臭い日本はどうなのかなあ、と思ってしまいました。 

[OCTOBER 22 , 2013] No 0105393

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…
  • 2018.12.06 更新第41代アメリカ大統領ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ第41代アメリカ大統領の葬儀が5日、ワシントンで営まれました。国葬は2007年のジェラルド・フォード第38代大統領の葬…
  • 2018.12.05 更新逆イールド、景気後退の恐怖通常、償還期間が短い債券の利回りは、期間が長い債券の利回りより低い。例えば、2年債の利回りは10年債利回りより低い。ただし、逆転することがあります。金融業界で「…
  • 2018.12.04 更新米政府閉鎖めぐる駆け引きアメリカ連邦政府の2019年会計年度(18年10月〜19年9月)の正規予算はまだ成立していません。今週金曜日7日までに合意しなければ、政府機関の一部が閉鎖される…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ