2分でわかるアメリカ

2013/10/15「通貨ファンドの巨人」撤退


かつて世界最大だった通貨ファンドが撤退しました。低調な運用成績を嫌って大口顧客が相次いで解約、ファンドを維持できなくなったからです。今週から顧客へ資金の返還を本格化しました。

通貨に特化した資産運用から撤退を決めたのはニューヨークを拠点にするFXコンセプツ。外国為替取引のパイオニア的な存在であるジョン・テイラー氏が1981年に創業したヘッジファンドです。

コダックなどの多国籍企業の為替ヘッジなどで実績を上げ、順調に運用資産を増やしました。2005年に円の取引で巨額の利益を上げたことで知られています。通貨を運用するヘッジファンドでは、1992年にポンド取引で10億ドル(約1000億円)以上を稼いだジョージ・ソロス氏の通貨ファンドと並ぶ巨人でした。ピーク時の2007年の資産運用額は404億ドル(約4兆円)にのぼりました。

しかし、2008年の金融危機後、FXコンセプツの運用資金は急激に減少しました。ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、ファンドの運用成績は、2011年と2012年がそれぞれマイナス3.2%、今年もマイナスが続いていました。特に人気が高かったグローバル・カレンシー・プログラムは年初から13.9%のマイナスになっていました。

失望した顧客が資金を引き揚げる動きが加速しました。1月には、ペンシルバニア州の教職員年金基金、3月にはメリーランド州モンゴメリー郡職員退職年金、6月にはオハイオ州の消防・警察退職年金が解約、そして先月、カリフォルニア州サンフランシスコ市の職員退職年金が4億5000万ドル(約450億円)を引き揚げる方針を固めました。

FXコンセプツのウェブサイトなどによると、9月末の運用資産は6億6100万ドル(約650億円)でした。ピーク時の6年前の約60分の1という激減。FXコンセプツは「事業を支えていけない資産水準に低下した」と発表しました。

現在世界には、外国為替取引に特化したヘッジファンドが約200あるとされています。ただ、ジョージ・ソロス氏が家族の資金を運用に特化することを決めたほか、ジョン・テイラー氏という伝説的な投資家がまた1人消え、通貨ファンド業界が大きく変わりつつあります。

[OCTOBER 14 , 2013] No 0105385

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ