2分でわかるアメリカ

2013/10/11次はプエルトリコ債務危機?


「プエルトリコが危ない」

 夏頃からホワイトハウス、財務省、そしてFRBで囁かれていたのですが、金融業界で先週ぐらいから話題にのぼりはじめました。 

プエルトリコはカリブ海北東部に位置します。1493年にコロンブスが到着して以降、長期間に渡ってスペインの植民地でした。しかし、1898年の米西戦争の後、アメリカの領土となりました。ただ、正式の州ではなく、コモンウェルス(自治連邦区)という特殊な立場。アメリカの納税義務はなく、大統領選挙の投票権もありません。ただ、アメリカ下院に投票権を持たない代表者を送り出しています。

プエルトリコは870億ドル(約8兆7000億円)の債券を発行、つまり借金をしています。プエルトリコ債は、アメリカの他の自治体の債券と異なり、金利が高く、しかもアメリカの連邦政府や州の所得税が免除されます。このため、ミューチュアル・ファンドが積極的にポートフォリオに組み入れてきました。

しかし、先月ごろから状況が変わりました。プエルトリコの財政赤字が拡大し、3大格付け会社が、プエルトリコ債を投資不適格(ジャンク債)の1つ上までそれぞれ格下げしました。これを受け、ミューチュアル・ファンドがプエルトリコ債を売り、利回りが急上昇しました。プエルトリコは市場から事実上追い出され、銀行の融資などで繋いでいます。長く続かないことは言うまでもありません。

プエルトリコの人口は370万人。一人当たりの借金は2万3500ドル(約235万円)です。破たんしたデトロイト市の借金は180億ドル(約1兆8000億円)。人口が70万人ですので、一人当たりの借金は2万5700ドル(約257万円)です。つまり、プエルトリコの財務状況は、デトロイトとほぼ同じ状況にあるということです。ただ、デトロイトは破産裁判所の保護を受けましたが、プエルトリコは自治連邦区という特殊な位置づけであるため保護は受けられません。プエルトリコの知事が今週はじめからウォール街の投資家や政府関係者と協議していますが、解決策が見い出せないでいます。

プエルトリコが破たんした場合、アメリカの機関投資家や個人が投資したミューチュアル・ファンドが巨額の損失を被ることが予想されます。プエルトリコの財政をアメリカが直接管理する選択肢がありますが、「ねじれ議会」で時間がかかるとの指摘があります。

プエルトリコが「アメリカ版ギリシャ」もしくは「アメリカ版キプロス」に発展する懸念が日を追うごとに強まっています。

[OCTOBER 10 , 2013] No 0105383

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.21 更新「ドクター・コッパー」示唆する危機※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)国際商品市場で代表的な非鉄金属である銅相場の下げが止まりませ…
  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ