2分でわかるアメリカ

2013/10/10ラーメンバーガーが一部で


 「ラーメンバーガーが人気だ」と複数の人から聞きました。ドーナツとクロワッサンのハーフといえる「クロナッツ」に続くブームになるかなどと一部で盛り上がっています。 

きっかけは、今年8月にニューヨークのブルックリン地区で開催された食のイベントでした。日本のラーメン屋で修行した日系アメリカ人のケイゾウ・シマモト氏が「ラーメンバーガー」を提供したところ、長い行列が出来ました。あっという間に150食が完売になりました。ブログなどでも話題になり、「インスタントラーメンでラーメンバーガーを作る方法」などの投稿が増えました。

日本で一部販売された「ラーメンバーガー」は、パンでチャーシューなどを挟んだものが多いようですが、アメリカ版は、パンの部分がフライパンで焼いたメンで挟みます。シマモト氏のラーメンバーガーは、片面を焼いたメンでビーフパテを挟んだものですが、さまざまなバージョンが誕生しました。ニューヨークだけでなく、ロサンゼルスにも登場しました。

というわけで、早速試しました。焼いたメンにチャーシューとレタス、トマトを挟んだバージョンです。ケチャップとマヨネーズがつけてありました。これにピクルスとスープがついて日本円で約900円。ピンときませんでした。普通のラーメンやハンバーガーの方が美味しいと個人的に思いました。

「クロナッツ」を売っているドーナツ店を久しぶりに訪ねましたが、閑古鳥が鳴いていました。ブームは3ヶ月程度しか続かなかったようです。ニューヨークのオリジナル「クロナッツ」の事情は知りませんが、ロサンゼルスでは「終わっています」。「ラーメンバーガー」は日本人の間でしか話題になっていないので、ブームになる前に市場から消えていくような気がします。日本ほど「一時的なブーム」が少ないアメリカですが、食は例外かもしれません。試してみたい人は、早めにどうぞ。

[OCTOBER 09 , 2013] No 0105382

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ