2分でわかるアメリカ

2010/06/25デジカメとiPhone4


 個人的な話で恐縮ですが、いま一眼レフのデジタルカメラを買おうかどうか真剣に悩んでいます。子供の頃からカメラ好きで、フィルム時代にはニコンの一眼レフをいつも持ち歩いていました。 

たまたま新聞にカメラ店のチラシが入っていたのを見て、急に欲しくなってしまったのです。きのう夕方、近所のベストバイという大型家電店に行き、デジタルカメラを見たのですが、あらためてデジタルカメラが多機能化していることを実感しました。高画質なのは当たり前、HDビデオ、GPS機能やプロジェクター機能まで付いたカメラが主流でした。

多機能化といえば、携帯電話もそうですよね。iPhone4には、デジタルカメラとビデオカメラと音楽プレーヤー、電子ブック、それにコンピュータ機能が付いています。

僕が以前勤めていたソニーはかつて、デジタルカメラのサイバーショット、ビデオカメラ、ウォークマン、電子ブック、コンピュータのバイオを別々の商品として売っていました。それが携帯電話一つになったのですから、ソニーは本当に大変だなと思います。他の家電メーカーも、もちろん同じです。

家電協会によりますと、デジタルカメラ全体の今年の売り上げ見通しは56億ドルと前年比で11%も減るそうです。ピークは、2006年の78億ドルです。「ほとんどの人が既にデジタルカメラを持っているから」というのが業界の説明ですが、携帯電話などの多機能化が影響していることは間違いありません。

このコラムで過去に使用した写真の何枚かは、iPhoneで撮ったものです。十分に高画質です。今朝、iPhone4を買うためにアップルショップに並んだ友人のクリスチャンは、デジタルカメラを持っていません。iPhone4をカメラとして使うそうです。クリスチャンのような人が、これからもっともっと増えるんでしょうね。それでも僕は、一眼レフが欲しいです。

[June 24, 2010] No 010192

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.25 更新原油、4年ぶり高値に急伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ大統領は先週、「市場を独占するOPECはいますぐ原油価格を下げろ」…
  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ