2分でわかるアメリカ

2013/09/11サイパンに急増「出産観光」


アメリカ国籍を得るためにロサンゼルスに観光で来て出産する女性の話を時々聞きます。いわゆる「Birth tourism (出産観光)です。入国管理官も良く知っていて、入国を拒否される妊婦が少なくないと聞きます。

本土への入国が厳しくなった煽りで、アメリカの自治領で「出産観光」する外国人が増えているそうです。例えば、日本人にも人気の観光地であるサイパン。アメリカの正式の領土ではありませんが、アメリカ傘下にある「自治領」です。サイパンで生まれた赤ちゃんはアメリカ国籍を取得する権利があります。

サイパンに中国人妊婦が殺到しています。地元のサイパン・トリビューンによりますと、中国本土には少なくとも3つのウェブサイトと別に1社が、サイパンでの「出産観光」サービスを提供しています。サービス料金は最低料金が1万1000ドル(約110万円)で、別に病院の費用が1万ドル(約100万円)かかります。サービスには2ヶ月分の渡航費、アパート代と食費が含まれています。

中国のパスポートでは多くの国にビザ無しで行けません。生まれくる子どもにはアメリカ国籍、つまり自由を与えたいという願い。そして、一人っ子政策も影響してサービスを利用する中国人妊婦が後をたちません。

サイパンを訪問する中国人観光客は2010年から増え続け、今年の訪問者数は7月までに去年の合計に並びました。7月の1カ月間だけで前年度同月比49%増の1万1177人の中国人がサイパンを訪れました。週に8便あるチャーター機による入国で、ほとんどは「出産観光」の妊婦です。中国人は、ビザ無しで最大45日間サイパンに滞在できますが、それ以降も違法滞在し出産するケースが多いそうです。


お金を持った中国人の「出産観光」特需で、サイパンの病院や医療関連会社、旅行会社、ホテルは大繁盛しています。ただ、トラブルも増えています。出産後に病院代を支払わないで中国に帰国する女性が少なくありません。サイパンに1つしかない病院は、対策として「デポジット」を要求、パスポート申請に必要な出生証明書の発行手数料を現行の20ドル(約2000円)から5万ドル(約500万円)に引き上げることを検討しています。 

[SEPTEMBER 10, 2013] No 0105361

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…
  • 2018.08.10 更新ハイジャックされた広告※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末に引っ越しました。14年住んだ家の整理をする際、あまりに…
  • 2018.08.09 更新サウジ、「カナダ売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)東京医科大学が入試で女子受験者らの点数を操作し、合格者数を抑え…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ