2分でわかるアメリカ

2013/09/06ブラックベリーの終焉?スマートウォッチ戦争激化


2000年半ばまでビジネス・パーソンの必需品だったブラックベリーが売却を急いでいます。11月にも売却先を決める可能性があるとダウジョーンズが伝えました。

独自のOSとネットワークを持つブラックベリーについては、マイクロソフトが買収に興味を示しているとされていました。しかし、今週はじめに、マイクロソフトがノキアの携帯電話部門買収で合意したことを発表しました。残る売却先候補は中国のレノボやZTEなどしかないとみられています。しかし、売却できたとしてもブラックベリーの部品や特許などを残し、ブラックベリー端末が市場から消える可能性が高いと多くのアナリストが予想しています。

世界のスマートフォン市場は、iPhoneとグーグルのアンドロイドを搭載したギャラクシーがほぼ独占しています。そこにマイクロソフトがシェア拡大を狙いますが、先行きは不透明です。

 こうした中、時代はスマートフォンの次、スマートウォッチに変わりつつあります。 

PEBBLEというスマートウォッチが売れに売れています。先月からオンラインと平行して家電最大手のベストバイで発売したのですが、売り切れ店が相次いでいるそうです。PEBBLEは当初、ブラックベリーと提携していましたが失敗。クラウド・ファンディングのキックスターターで資金を調達し、iPhoneとアンドロイド対応のスマートウォッチを開発し成功しました。スマートフォンとブルートゥースに繋がりメールや電話着信が確認できます。防水機能があり149ドルという手軽さも受け、一番人気に浮上しました。

一方、サムスンは4日、新型スマートウォッチ「ギャラクシーギア」を発表しました。ただ機能に制限がありまだ発展途上の製品です。今月末に299ドルで発売されます。アップルが「IWATCH」を開発中という噂もあります。さらに、サムスンやアップルに半導体を提供しているクアルコムも独自のスマートウォッチを開発しています。メジャーなプレイヤーの参入で市場が急拡大する可能性があります。ただ、スマートフォンの付属的な製品とも言え、ライフスタイルを変える商品になるかどうかは未知数です。

[SEPTEMBER 05, 2013] No 0105359

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…
  • 2018.06.14 更新歴史的会談めぐる認識ギャップトランプ大統領は13日、金正恩朝鮮労働党委員長と会談したシンガポールから帰国しました。エアフォースワンがワシントン郊外のアンドリューズ空軍基地に着陸した直後、北…
  • 2018.06.13 更新米エコノミストのシナリオ、2020年景気後退経済指標でみるアメリカ経済は絶好調。失業率は18年ぶりの低水準に低下、賃金の伸びは年末までに3%に達する見込み。2018年のGDP成長率は3%近いとの予想がみら…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ