2分でわかるアメリカ

2013/08/23チップ20万円払いますか


 ビバリーヒルズのレストランでの出来事。富豪のロシア人夫婦の長女の誕生を祝う席に我が家全員が呼ばれました。お祝いということでホストは、ロマネ・コンティやスクリーミング・イーグルといった超のつく高いワインを注文しました。運ばれたチェック(勘定書)には約1万3000ドル(約130万円)という恐ろしい金額が。 

アメリカでは、レストランの請求額の15%をチップで渡すのが普通です。ただ、請求額のほとんどがワイン代の場合も必要か。料理代500ドルの15%にあたる75ドル程度でいいのではないかとホストに進言しました。しかし、ホストは気分が良かったのか、それともアメリカの習慣に従順なのかわかりませんが、チップ欄に約15%に相当する「2000ドル(約20万円)」と記入しました。ウェイターがどれほど喜んだことか。

話は変わってイタリア。今月20年ぶりにローマを訪れたのですが、タクシーもレストランもチップを期待していないようでした。そもそも、レストランのチェックにはアメリカのようなチップ欄がない。3年住んだヨーロッパでの暮らしを思い出し「そうだった」とあらためて思いました。もちろん、チップを渡すと喜ばれますが。

逆のパターンはどうか。アメリカを訪問した日本人が最も頭を悩ますのがチップではないでしょうか。ホテルの部屋では枕元に1ドル、タクシーは10%から15%程度。ちなみに、ファーストフード店ではチップは要りません。チップを渡すことが当たり前になっていて、払わないと最低賃金しか受け取っていないウェイターやウェイトレスが店の外まで追っかけてきたりします

チップ大国のアメリカで「チップを拒否するレストラン」が登場しました。ニューヨークの「寿司ヤスダ」。値段の高さで有名な店です。オーナーはアメリカ人ですが、「ノーチップ制」を導入しました。ウェイターらを完全給与制にし、料金にチップ分にあたる15%を上乗せしただけなのですが、ウェイターらは反対しています。冒頭のようなサプライズがあるため、理解は出来ます。寿司ヤスダでは、現金をテーブルに置いていった客には、店の外まで追いかけ忘れ物を返すそうです。

アメリカ人に深く浸透したチップ制。個人的には無くなって欲しいのですが、「寿司ヤスダ」のノーチップ制は賛否が分かれていて、続くレストランは今のところ無いようです。

[AUGUST 22, 2013] No 0105349

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.21 更新「ドクター・コッパー」示唆する危機※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)国際商品市場で代表的な非鉄金属である銅相場の下げが止まりませ…
  • 2018.07.20 更新輸入車関税の方向決める1週間※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ商務省は、アメリカに輸入される自動車と自動車部品が安…
  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ