2分でわかるアメリカ

2013/08/14新製品ラッシュのアップル


アメリカで最も注目される企業、アップルの周辺が騒がしくなってきました。

まずiPhone5の後継機。All Things Dが「9月10日に開催する特別イベントで発表」と報じました。iPhone6と名付けられるか、iPhone5Sかは不明ですが、後者になる可能性が高そうです。

報道によりますと、新型iPhoneには、既に発表されている新しいOS7が搭載されます。メニューやアイコンなど目に見える部分が大幅に変更。そして、従来のパターン通りにカメラやプロセッサがアップグレードされ、より鮮明に、より速くなります。また、アップルは去年、指紋認証技術のオーセンティックを買収していますので、新型には指紋によるセキュリティ機能が搭載されそうです。

ここまでは、All Things Dや他のメディアがほぼ一致していることですが、問題は古いバージョンをどうするかです。これまでは、旧モデルを安く販売してきました。現在アメリカの通信各社は、iPhone5に加えiPhone4を2年契約で無料、iPhone4Sを99ドルで販売しています。今回もパターンを繰り返すのか、それとも別に廉価バージョンを同時発売するのかが注目です。

ロイターは、5色もしくは6色の廉価バージョンを新興国向けにアップルが開発していると伝えています。アップルはノーコメントですが、iPhone5Cと呼ばれるバージョンをアメリカなどでも99ドルで発売する可能性があるとされています。

そしてもう1つ。All Things Dの親会社であるウォール・ストリート・ジャーナルは、アップルがiPadミニの新型を開発中だと報じました。新型iPadには、ガラスではなくフィルムを使ったタッチスクリーンが導入されるとしています。フィルムの分野では日本の日東電工が最大手ですが、最近大幅な設備投資をしたとジャーナルは伝えています。本当であれば、大幅に軽量化されることになります。個人的に、興味があります。

このほか、iTVやiWatchが1年以内に発表されるとの噂もあります。

 話は変わりますが、先週イタリアのローマ市内で「iShop」という店を見つけました。オフィシャル・ストアは世界中で「アップル・ストア」と呼ばれているので、新鮮な驚きがありました。小さい店で、アップル製品を売っていましたが、公式ストアではありませんでした。名前はそれっぽいのですが。 

[AUGUST 13, 2013] No 0105342

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ