2分でわかるアメリカ

2010/06/22本物のお金持ちが泊まるホテル


ほとんどの学校は、先週までに卒業式/終業式がありました。アメリカは、きょうから夏休みです。近所の人が1週間ほど留守にするので犬を見て欲しいと訪ねてきました。オアフ島のフォーシーズンホテルに泊まるそうです。うらやましいです。でも、アメリカやアラブ、中国、それにロシアの本当のお金持ちはもっと凄いところに泊まるのです。

ロシア人の友人、セルゲイが先日宿泊したドバイのホテル、ブルジ・アル・アラブのロイヤル・スイートは、一泊7万ディルハム(日本円で約170万円)です。プライベートの映画館があり、階段の手すりは金で出来ています。  

モスクワのリッツ・カールトンのリッツ・カールトン・スイートは、一泊43万ルーブル(約126万円)です。クレムリンと赤の広場が見渡せる部屋には豪華なピアノがあり、プライベートのサウナがついています。

たぶん世界で最も高いホテルの部屋は、ラスベガスのパームスのヒュー・へフナー・スカイ・ビラで、一泊4万ドル(約364万円)。12人が一度に利用できるジャクジーとプレイボーイのトレードマークであるバニーの形をしたプールが付いています。結婚式のパーティーなどに使う人が多いようです。宿泊客がいない日は、50万ドル以上カジノで使う、いわゆるハイローラーに無料で貸すそうです。

単純に宿泊するだけの部屋で世界一高価な部屋は、おそらくニューヨークのフォーシーズンホテルのタイ・ワーナー・ペントハウスです。専門のバトラーが24時間待機、ルームサービスは全て無料です。移動はロールスロイスが使えます。もちろん運転手付きです。プライベートのジムが付いていて、人口の滝があり瞑想もできます。一泊3万5000ドル(約318万円)です。税別です。

僕の夏休みは8月末で、マイルを使った無料航空券、ホテルはインターネットで最安値を探しました。これに対し、本物のお金持ちが泊まる部屋の値段は僕の50倍から200倍です。うらやましいというより、夢のような話です。景気が悪いときに、夢のホテルを想像するのも悪くありません。

[June 21, 2010] No 010189

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…
  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ