2分でわかるアメリカ

2013/08/13円は安すぎる?欧州通貨は高すぎる?


週末にローマからロサンゼルスに戻りました。冷蔵庫が空っぽだったので、近所のスーパーに買い出しに出掛けました。帰りがけ、車のガソリンを補給しました。そこで強く感じたことがあります。アメリカの物価はイタリアよりも大幅に安いということです。

ロサンゼルスの物価はニューヨークやホノルルほどではありませんが、全米平均よりも高めです。それでも、ガソリンはローマの約半分、牛乳やタマゴなどの基本的な食料品は30%ほど安いです。

外国との物価の違いは、為替レートが影響します。通貨が割高であれば、物価は当然高くなります。割安であれば、その逆。一物一価、つまり同じ物の値段はどこでも同じという考え方から、妥当な為替相場を考える上で参考になるのが「PPP(購買力平価)」です。

PPPで世界的に知られるのが「ビッグマック指数」です。イギリスのエコノミスト誌が1986年に導入したもの。最新データでは、基準となる「ビッグマック」のアメリカの値段は4ドル56セントでした。これに対しユーロ圏はドル換算で4ドル66セント。ユーロを採用していないノルウェーは7ドル51セント。単純に考えるとユーロは対ドルで小幅高、ノルウェー・クローネは高すぎるということになります。

ただし、最近のマクドナルドはメニューが充実していて、ビッグマックだけでは単純に比較できません。例えば、ロサンゼルスのマクドナルドで「1ドルメニュー」のアップル・パイやコーヒーは、ローマでは「1ユーロ」メニューでした。つまりイタリアが約30%高い。さらに、アメリカでは無料のケチャップやマヨネーズは、ローマでは1つ25セントと有料でした。ビッグマック指数以上にヨーロッパの通貨は高く取引されていると感じます。

ちなみにデータ上の日本のビッグマックの価格は3ドル20セント。中国は2ドル61セントでした。指数では、円と人民元は大幅に安く取引されていることを示しています。

 ビッグマック指数は完全ではありませんし、為替相場は投資家の思惑や政策などが影響しますし、単純にPPPで高いか安いかを判断することはできません。ただ、実際にアメリカからイタリアや日本に旅行すると、誰もがユーロは高く円は安すぎると感じることは間違いありません。 

[AUGUST 12, 2013] No 0105341

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ