2分でわかるアメリカ

2013/08/09ローマで両替すると損します


ユーロを導入する前の1990年代後半までは、ヨーロッパの旅行には両替がつきものでした。

かつてブリュッセルを拠点にパリ、デュッセルドルフ、アムステルダムなどの近郊都市を頻繁に訪問した。その都度、当時のフランス・フラン、ドイツ・マルク、オランダ・ギルダーに両替していました。不便で効率が悪かったです。いまイタリアやフランスなどを旅行すると、ユーロの導入で参加国のビジネスや生活は格段に効率が上がったのではないかと感じます。

ローマ市内を歩くと、かつて至る所にあった両替店が少なくなっていました。圧倒的に多いユーロ圏の訪問客の両替が必要無くなったからだと思います。空港やトレビの泉などの観光スポットには当然ありますが、両替している人を見かけることは稀です。

今回イタリアに来る前、我が家では東京からロサンゼルスに出張した知人に「成田空港でのユーロへの両替」を頼みました。現地のタクシーなど必要な現金分だけです。

なぜ、そんなことをしたのか。欧米では、両替の手数料が異常に高いからです。特にイタリアはひどい。ローマのレオナルド・ダビンチ空港にある金融機関が運営する両替店は「手数料が30%」でした。

ドルや円からユーロに両替すると表示額の70%程度しか手元に残りません。試しに100ドルを両替しようとしたら「52ユーロですが、よろしいですか」と聞かれたので、「やめます」と答えました。大雑把ですが「1ドル=1.92ユーロ=184円」の計算です。

ローマ市内の両替所の手数料は空港より良いらしいのですが、それでも約20%だそうです。アメリカの両替所の手数料も高いのですが、イタリアの両替所は異常な水準です。

レート表示の上2つはドルと円。需要があるから目立つ位置にしているのだと思います。アメリカ人はクレジットカードを主に使うため、最小限の現金しか持ち歩きません.しかし、日本人は多額の現金を持ち歩く人が多いので「カモにされる可能性があります。

ヨーロッパへ出張や旅行を計画している人は成田空港など、日本国内で両替するのが賢いです。出来るだけ少なめにして、海外でも使用できるATMカードとクレジットカードを持参するのが良いと思います。ビザとマスターカードであれば幅広く使用できます。くれぐれもイタリアの両替にご注意を。


    
[AUGUST 08, 2013] No 0105339

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ