2分でわかるアメリカ

2013/07/31マセラティ大苦戦


アメリカからヨーロッパを訪問すると最も印象的なのがクルマのサイズが小さいことです。特にフランスとイタリアでは、プリウスが大型車と思えるほど小さい。イタリアで最も売れている新車トップ5は、フィアット・パンダ、フィアット・プント、ランチア・イプシロン、フィアット500、ルノー・クリオで全て小型車です。

なぜ小さいクルマが好まれるのか。理由は簡単。駐車スペースがないからです。ローマの中心地は古代ローマ帝国や中世の歴史的建造物だらけ。街全体が博物館のようです。古代や中世には自動車がありませんでしたので、建物には駐車場がありません。石畳の道路は狭い。歴史が浅く、石油産業と自動車産業を後押しするために都市計画が進んだロサンゼルスとは対照的です。

ローマでは、小さい車をビデオゲームのように運転します。「攻撃的」な運転で、信号が変わった瞬間に一斉にダッシュ。横断中の人が歩いていても構わずダッシュ。アイススケートのショート・トラックのように追い越したり追い越されたり。時々ぶつかるので、凹んだクルマが目立ちます。

 基本的に路上駐車。オートバイやスクーターが入り混じり、方向もバラバラに駐車します。整理整頓好きな日本では絶対に見られない光景です。スペースが足りない時は、テールで後ろのクルマを押しながら駐車します。イタリア人によると「バンバーはそのためにある」そうです。 

ところで、債務危機に苦しむヨーロッパでは自動車業界が不振です。今年6月の新車販売台数は、前年同月比で5.6%減少し113万台に留まりました。過去17年で最悪。最大の経済であるドイツは8.1%減、フランスは11.2%減りました。イタリアも10.3%のマイナスでした。イタリアの去年1年の新車販売台数は140万台に留まり、前年比で19.9%減でした。1979年以来最悪で、このペースで行けば悪い記録を更新しそうです。

イタリアは超のつく高級車でも知られています。当然ですが、景気後退の影響を大きく受けています。去年イタリアで売れたフェラーリは248台で56%減、マセラティは115台で72%減でした。イタリアの高級車メーカーが、アメリカと中国を強化する理由がよくわかります。

[JULY 30, 2013] No 0105332

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ