2分でわかるアメリカ

2013/07/24キャサリン妃が出産した病院の値段


イギリス王室は22日、ウィリアム王子の妻キャサリン妃が、ロンドン市内の病院で男の子を出産したと発表しました。故ダイアナ元妃がウィリアム王子を生んだセント・メアリー病院です。

 誕生した男の子は、チャールズ皇太子、ウィリアム王子に次いで王位継承3位です。将来の王の誕生は、去年のエリザベス女王戴冠60周年に続くイギリス王室の慶事です。イギリス国内は喜びに沸いています。 

イギリスの小売業リサーチ・センターによりますと、キャサリン妃の出産で、7月1日から8月31日までの小売売上高が2億4300万ポンド(約372億円)押し上げられると予想しています。誕生を祝う宴会などの食料やアルコールなどが8700万ポンド(約133億円)、記念グッズの売上が1億5600万ポンド(約239億円)という内訳です。

加えてベビー用品も売れそうです。かつて、ビクトリア・ベッカムが養子のために購入したiCandy Peachという乳母車が爆発的に売れました。日本円で10万円ほどと高額ですが、iCandyは「マスト・アイテム」になったのです。

ただ、CNBCは、ロイヤル・ベイビーの経済効果は限定的だと伝えました。IHSグローバル・インサイトのエコノミストは、2011年のロイヤル・ウェディングほど景気押し上げ効果はないだろうと予想しています。

ちなみに出産したセント・メアリー病院は一般の妊婦も出産できます。ガーディアン紙によりますと、一泊の宿泊を伴う出産代金は合計で約6000ポンド(約91万8000円)です。皇室関係者が利用、「ブランド出産御三家」の東京の愛育病院より高いですが、アメリカの病院と比べると安いです。2ベッドルームの部屋に泊まる場合は、1万4465ポンド(約175万円)です。高いけれど、余裕のあるカップルは出産したいでしょうね。

[JULY 23, 2013] No 0105327

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.23 更新「トランプ関税」、NYダウ狙われる?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ大統領は22日、EUから輸入される自動車に…
  • 2018.06.22 更新米中の報復関税、最初の兆候※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領の言動がきっかけで、貿易をめぐる米中関係が貿易…
  • 2018.06.21 更新ダウ平均のオリジナル企業、全除外※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会は19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ