2分でわかるアメリカ

2013/07/23世界一の富豪になった、2時間だけ


アメリカ東海岸のフィラデルフィアに住むクリス・レイノルドさんは先週末、ペイパルの口座の残高をみて目を疑いました。  
 
$92,233,720,368,547,800

9京ドル。「京(けい)」は兆の次の単位です。日本円に換算しますと、920京円です。世界のGDPは約70兆ドルですので、レイノルドさんの口座には世界のGDPの約1300倍以上の残高がある計算です。当然ですが、ビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏、もしくはメキシコのタイクーン、カルロス・スリム氏の資産の合計よりも大きな金額です。

レイノルドさんは、オンラインで古い自動車のパーツなどをイーベイなどで個人売買するため10年ほど前にペイパルの口座を開きました。平均残高は100ドル程度でした。普段より14ケタも残高が増えていたことになります。「最初は借金が増えた」と思い凍りづいたそうです。英語ではQuadrillionというお金の単位としては普通使わないケタなので、驚きまくったと想像します。

興奮が収まった約2時間後に再びペイパルの口座を確認したところ、残高はゼロになっていました。間違いだったのです。ペイパルが誤りに気付き修正したのです。レイノルドさんは状況を直ぐに理解しました。

ペイパルは「あきらかに間違いであり、レイノルド氏が理解してくださったことに感謝します」との声明を出しました。こうして、レイノルドさんが世界一の資産家になった2時間は終わりました。

レイノルドさんはUPIなどのインタビューに対し、9京ドルが口座に本当にあったら、アメリカ連邦政府の借金を返すほか、地元の大リーグ・チームであるフィリーズを買うと答えました。善良な人の口座で間違いがあったのが不幸中の幸いでした。

[JULY 22, 2013] No 0105326

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ