2分でわかるアメリカ

2013/07/18お金持ちはなぜワインにはまるのか


近所のワインショップで「100ポイントのワイン」を一本買いました。「レオネッティ・セラー・リザーブ2010」。ワシントン州ワラワラ・バレーにあるブティック・ワイナリーのカベルネソービニヨンを主体にブレンドした赤ワインです。  

ワインをつくった人は「この世のものとは思えないアロマを持っている」と自画自賛しています。ワイン評論で世界一とされるロバート・パーカーJRが主宰するワイン・アドヴォケイトは「完璧なバランスだ」として、このワイナリーで初めての100ポイント、つまり満点をつけました。

値段は日本円に換算して約1万6000円。一本が10万円を超えるボルドーのラトゥールやラフィット、ナパのハーランなどと比べ無名であるため、100ポイントにしては安い。それでも高い。自分用ではなく贈答用として購入しました。ワインにはまっている友人のために買いました。

友人はロシア人の富豪。ボルドーやブルゴーニュの最高級ワインのほか、イタリアやナパの100ポイントワインを何本もご馳走になったお礼をしたかったのです。友人は、レストランでいろいろなワインを飲み比べるうちに虜になってしまいました。起業した会社がニューヨーク証券取引所に上場し、巨額の現金が入ってきた後のことです。もともとはウォッカを飲んでいたそうです。お金に余裕が出来たため、ワインを極めることにしたのです。

かつて一緒にワインを飲んだ日経新聞の猪瀬聖さんが「仕事が出来る人はなぜワインにはまるのか」という本を書きました。ソニー元会長の出井さんやカプコンのオーナーの川本氏らへのインタビューなどから、成功者がワインにはまった理由などを独自に評論したものです。

たしかに、ナポレオンからチャーチルまで成功者にはワイン好きが多い。しかし、ワイン好きだから成功したのではなく、成功したからワインを極める余裕ができたという人が多いのではないかと思います。「熟成した本当に美味しいワイン」を飲むと取りつかれるという特徴がワインにはあります。しかし、ワインはあまりにも多種多様で奥が深く、あまりにもお金がかかる。最近では中国の富豪が買い占めしていることもあり、ボルドーの有名ワインが異常な水準に高騰しています。

ところで、100ポイントワインは本当に完璧か。何度か100ポイントワインを飲む機会がありましたが、本当に美味しいと思ったワインがあった一方、首を傾げたくなるワインもありました。あくまでもワイン評論家の主観によるものだと思いました。個人的には、90ポイント前後の手頃な価格のワインを飲むのが好きです。リラックスして飲めますし。

[JULY 17, 2013] No 0105323

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.21 更新米中貿易協議、トランプ大統領の表と裏止まっていた貿易をめぐるアメリカと中国の協議が再開します。ムニューシン財務長官とライトハイザー通商代表が3月25日の週に北京を訪問し、劉鶴副首相らと協議。交渉期…
  • 2019.03.20 更新米経済、今年と来年は急減速との予想アメリカ経済が今年と来年に急減速する。FRBの会合(FOMC)前に実施するCNBCの最新の調査でエコノミストがこう予想していることがわかりました。調査にはアメリ…
  • 2019.03.19 更新オルーク氏は「第2のオバマ」?2020年の大統領選の候補者争いが本格化しています。共和党はトランプ大統領を再指名することが確実。対抗する民主党は、これまでに15人が候補者争いに名乗りをあげま…
  • 2019.03.16 更新ドレス脱いだゴールドマンバンク・オブ・アメリカが先月末、投資銀行部門と証券部門から「メリルリンチ」の名前を外すと発表しました。2008年の金融危機で破たん寸前に追い込まれた投資銀行のメ…
  • 2019.03.15 更新「1ドル=60円」の説得力今週、プライベートで日本に滞在しています。実家に行ったり、免許を更新したり。ここ数年、日本に来るごとに強く感じるのは物価の安さです。短期滞在した東京のホテル料金…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ