2分でわかるアメリカ

2010/06/18セレブが愛するクルマ


友人のジェリーが8年乗ったレクサスLSの買い替えを検討しています。レクサスのハイブリッド、ジャガー、メルセデスなどを試乗したのですが、値段やスタイルが好きになれませんでした。そこでいっそのこと、電気自動車にしようかと思い始めました。テスラが発表したモデルSをディーラーに見に行くというので、僕も同行しました。

シリコンバレーで2003年に起業した電気自動車メーカー「テスラ・モーターズ」は、2008年に最初の販売店をロサンゼルスに作りました。ショールームには3台のロードスターが展示されていましたが、お目当てのモデルSはありませんでした。セールスマンが寄って来たので、ユーモアのあるジェリーは「私の名前はジョージ・クルーニーだが、モデルSはありませんか」と話しかけました。

普通であれば、ジェリーの冗談にセールスマンが笑うのですが、返ってきた答えは違いました。「ジョージ・クルーニーさんに先日、ロードスターを買って頂きました」。このセールスマンによりますと、レオナルド・ディカプリオやマット・デイモンも同じクルマを買ったそうです。

テスラはハリウッド・スターだけではなく、シリコンバレーのセレブにも人気です。Googleの共同創業者であるセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジもテスラのロードスターに乗っているそうです

セレブのクルマと言えば、昔はメルセデス、数年前はトヨタのプリウスでした。キャメロン・ディアスは、今でもプリウスに乗っているそうですが、セダンタイプのモデルSが発売されれば、イメージを重視するセレブにさらに広がりそうです。

モデルSの値段は、電気自動車向けの税控除があるため、4万9000ドル(約450万円)です。10万ドルを超えるロードスターと比べ約半額です。ただ発売は2012年、既に2000人の予約が入っているそうです。ジェリーが買ったら、僕も一度乗ってみたいです。  

[June 17, 2010] No 010187

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ