2分でわかるアメリカ

2013/07/06「常識シリーズ38」お金持ちは日本に行かない


親しいロシア人の富豪はモスクワ郊外に豪邸を建設中。屋内プールやサウナ、テニスコートがある豪邸。イタリア・トスカーナのリゾート地とドバイにも住居を持ち、ロサンゼルスでも家を探している。

イタリアはワインとヨットが楽しめる。ドバイは地理的に近く富豪向けのサービスも充実している。ロサンゼルスは一年を通して温暖で過ごしやすい上、「外国人」を意識せずリラックスして暮らせると友人が話す。ロサンゼルスにはロシア人だけではなく、欧州、中東、南米、そしてアジアの富豪が居を構える。米東海岸のニューヨークやマイアミにも、世界中の富豪が暮らしている。

ロンドンにはかつて中東の富豪が相次いで移住した。いまはロシア人。パリも同様。富の保全で定評があるモナコやスイスも富豪に根強い人気がある。

シンガポールに移住した富豪も多い。欧米の著名な投資家や米国のIT長者が永住権を得た。日本の資産家も暮らす。節税効果と充実したインフラが魅力だ。

世界のどこにでも行ける富裕層が移住先を決める際、最初に考えるのが受け入れ態勢。米国のEB-5と呼ばれるプログラムは、50万ドル、日本円に換算して約5000万円を投資し10人の米国人を雇用した人に永住権を与える制度。カナダは日本円で8000万円、英国は1億5000万円投資すれば長期滞在できる。資産家優遇のプログラムは、オーストラリアやキプロスなどにもある。最近では、富豪にやさしい移民プログラムをポルトガルが導入した。経済効果を見込んだものだ。カリブ海の英領セントキッツは4000万円の投資で居住することなく市民権を得られるため、中国人の富豪が殺到しているとウォール・ストリート・ジャーナルが伝える。

 査証や市民権のほか、国際的共通語である英語が幅広く通じること、教育や医療などのインフラ、国際的な金融機関へのアクセス、外国人を受け入れる社会、暮らしやすい気候も富豪が移住先を決める条件だ。 

日本政府は、一定の資産や年収がある外国人向けに、数年間の滞在を認める制度の作成に着手した。しかし、世界の富豪が日本に移るとは思えない。税金も高いし、英語もほとんど通じない。養母やメイドなど多くのスタッフが同居できる住宅がない。社会全体が外国人にはフレンドリーとは言えない。外国人の富豪には魅力的ではない。日本は、富豪が住みたい国ではなく、富豪が離れる国になっている。

[JULY 05, 2013] No 0105315

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.24 更新ソフトバンク孫氏、個人投資で大損社会現象と言えるほど騒がれたビットコイン。インターネット上の仮想通貨です。中国でのブームが去った後、日本の個人投資家が積極的に買ったとされています。2017年1…
  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ