2分でわかるアメリカ

2013/06/20高額離婚だけの話ではなさそう


ルパート・マードック氏と言えば、オーストラリアの地方紙のオーナーから米英の主要新聞やハリウッドのフォックス・スタジオまでアメリカ、イギリス、香港、そしてオーストラリアなどに多くのメディアを展開するニューズ・コーポレーションの創業者で現役の会長兼CEOです。

 メディア界に強い影響力を持つマードック氏の動向が今、大きな注目を集めています。14年連れ添った中国出身で元ジャーナリストのウェンディ・デンさんとの離婚をニューヨークの裁判所に申し立てたからです。 

マードック氏は「熱しやすく冷めやすい」人柄で知られています。男女関係のことです。香港で初めて会ったウェンディさんに一目惚れ。わざとワインをズボンにこぼして「お近づき」になったそうです。2回目の離婚をしたばかりの頃でした。

前の離婚では、アン元夫人に1億1000万ドル(約110億円)の現金を含む17億ドル(約1700億円)の慰謝料を支払い「過去最高額の離婚」記録を塗り替えました。今回の離婚でも慰謝料が高額になるとみられ、当初の報道は「高額離婚」が一人歩きしました。

しかし、時間が経つにつれ、今回の離婚には多くの背景があることがわかってきました。

まず不倫です。といってもマードック氏ではなく、ウェンディ夫人の方。相手はイギリスの元首相。複数のメディアがウェンディさんとトニー・ブレア元首相が「ロマンティックな関係にあった」と伝えました。真偽は確認できませんが、イギリスではニューズ傘下のタブロイド紙の盗聴スキャンダルがあっただけに「少しキナ臭い」印象を受けました。

もう1つは後継問題です。マードック氏は現在82歳。会社は今月末に出版部門のニューズ・コープと映画・テレビの21世紀フォックスに2分割する計画です。分割後もマードック氏がトップに君臨する予定ですが、その後どうなるかは不透明です。というのも、ピーター・チャーニン、ゲイリー・ギンズバーグといった多くの大物後継候補が相次いで辞任したからです。さらにマードック氏には6人も子どもがいて、問題を複雑にしています。今回の離婚は、最後に誰もが殺される映画ゴッド・ファーザー」のようだとの意見もあります。ウェンディさんとの離婚も、その動きの一環ではないかとの陰謀説もあります。

今回の騒動について、経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルとスキャンダル報道が特徴のニューヨーク・ポストは冷静に事実だけを伝えています。考えてみれば、両紙ともニューズ社がオーナーですから、当たり前と言えば当たり前ですね。

[JUNE 19, 2013] No 0105301

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ