2分でわかるアメリカ

2013/06/11サンタモニカで大変なことが


自宅があるカリフォルニア州のサンタモニカで、先週金曜日7日に大変なことが起きました。

午前11時52分、自宅から4キロほど南にある路上で武装した20代のジョン・ザワヒリ容疑者が静かな住宅街で発砲しました。続けて通りかかったSUVに発砲し運転者を射殺、カージャックして近くのサンタモニカ・カレッジに逃げました。キャンパスで発砲を続け3人が犠牲になりました。駆けつけた警官と激しい銃撃戦になり、ザワヒリ容疑者は死亡。きのう、入院していた1人が死亡、容疑者を含め死者数は6になりました。

ロサンゼルス・タイムズによりますと、マシンガンで発砲、1300もの弾丸を持っていました。動機はまだ明らかにされていませんが、両親の離婚など家庭内の問題が原因ではないかとされています。現場近くでは、一軒家の火事が発生していて関連を警察が調べています。

全米で相次ぐスクール・シューティングではありません。テロ行為でもありません。しかし、平和な街で起こった銃撃戦に住民が震撼しました。ミドルスクールで勉強していた娘は、昼前から3時間に渡って机の下で非難するよう命じられたそうです。娘から何度かiPhoneのメッセージが送られて来ました。正直怖かったです。午後3時過ぎに妻が娘をピックアップしたのですが、現場となったサンタモニカ・カレッジ近くの別のミドルスクールの生徒も避難していました。

銃撃戦が展開されたとき、サンタモニカにはオバマ大統領が訪れていました。自宅から北に1キロ、サンタモニカ・カレッジから北に5キロほどに位置するピーター・チャーニン氏の自宅です。寄付金を集めるためのランチに出席するためです。ピーター・チャーニン氏はニューズ・コープの元社長で、「猿の惑星」や「オブリビオン」などで知られる映画・テレビの大物プロデューサーです。オバマ大統領は、中国の習近平国家主席との首脳会談に臨むためパーム・スプリングスへ向かう途中に立ち寄りました。大統領に被害はなかったのですが、銃撃戦の一報がランチ中に伝えられたとみられます。

 サンタモニカの警察は市が創設以来、最も忙しい1日になったことは間違いありません。同時に、銃による犯罪が身近で起こり、あらためてアメリカが抱える深刻な問題に気付かされました。

[JUNE 10, 2013] No 0105293

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ