2分でわかるアメリカ

2013/05/14ブルームバーグのスパイ疑惑


金融情報の巨人ブルームバーグが顧客の個人情報に幅広くアクセスしていたとのスキャンダルが大きくなっています。

 きっかけは9日付けのタブロイド紙ニューヨーク・ポストの記事です。ブルームバーグのスタッフが、顧客の誰が、どの機能を何度使っているかなどを詳細に把握していることをゴールドマン・サックスが発見、個人情報を巡りブルームバーグと対立しているとの報道です。 

ポストの記事を後追いする形でニューヨーク・タイムズなどが大きく報じました。ブルームバーグには2400人の記者がいますが、その内の多くが顧客のターミナルの使用状況をみて記事を書いているとしています。JPモルガン・チェースが巨額の損失を被った「ロンドンの鯨」が発覚した去年、ブルームバーグの記者が「損失を出したトレーダーがターミナルに長くアクセスしていないが、解雇されたのか」と問い合わせたこともあったとも伝えられました。

2つのモニターがあるブルームバーグのターミナルは、世界の金融機関や投資家のデファクト・スタンダードと言えるほど無くてはならない存在です。契約によって差があるのですが、利用料金は一人当たり年2万ドル(約200万円)と高額ですが、世界中で31万5000人が利用しています。

ニュースの他、株式、債券、そして外国為替などの売買、企業情報、チャットやメールなど通信手段に幅広く使われています。ソロモンスミスバーニーのトレーダーだったニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が1981年に創業した会社ですが、市長自身は2001年にオペレーションから外れています。88%の株式を保有するオーナーではありますが。

投資家にとって特定の情報へのアクセスやポジションなど「手の内」が他人に知られるのは死活問題です。報道が事実であれば、相場を動かすことさえあるブルームバーグの記者が一線を超えていたことになります。法的な問題というより、ジャーナリストの倫理の問題です。

ブルームバーグのターミナルは、金融機関だけでなく、FRBをはじめとする各国の中央銀行や他の政府機関なども利用しています。報道をきっかけにFRBと財務省が本格的な調査をはじめました。中央銀行のオペレーションの動きや内部の対話をブルームバーグの記者が覗いていたとするとゾッとします。ブルームバーグを巡るスキャンダル。さらに拡大する予感がします。

[MAY 13, 2013] No 0105272

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…
  • 2019.04.17 更新勝てるかも、米大統領候補の新星2016年11月の大統領選でトランプ大統領が大方の予想に反して勝利したのは、アメリカ人が「変化」を求めていたからではないか。個人的にそう思います。当時、民主党の…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ