2分でわかるアメリカ

2013/04/23爆弾テロとチェチェン


アメリカ東海岸ボストンで起きた爆弾テロ事件から丸1週間。ボストンでは、事件が発生した午後2時半に、犠牲になった3人に市を挙げて黙祷する予定です。

FBIなど捜査当局は、犯人のチェチェン系移民の兄弟のうち生存したジョハル・ツァルナエフ容疑者から動機を聞くなど、事件の背景を詳しく捜査する方針です。ただ、逮捕の際に喉などに重傷を負い、筆談による聴取のため、本格的な追求には時間がかかりそうです。

 死亡したタメラン・ツァルナエフ容疑者と弟のジョハル・ツァルナエフ容疑者の2人は、チェチェン系の過激派と関連性が指摘されています。また、マラソンでのテロで使用された圧力鍋タイプの爆弾4つと250発以上の弾丸が見つかるなど別のテロを計画していた可能性が高いことなどがわかりました。 

容疑者2人のルーツであるチェチェンは、ロシア南西部コーカサス地方に位置しています。首都のグロズヌイとは「恐ろしい」という意味があります。「怖い王様」の「イワン雷帝」から来ています。

イスラム教徒のチェチェン人は、旧ソビエトのスターリン時代に「ナチスドイツ」に関与したとされ粛正を受け、50万人以上が殺害されたとされています。名誉回復しますが、ゴルバチョフ時代に独立を宣言しました。新生ロシアのエリツィン政権とプーチン第1政権時代、ロシア連邦政府との大規模な紛争が2度起きましたが、現在は落ち着いています。

容疑者の兄タメラン氏は去年、半年間に渡りチェチェンに滞在しています。この間にイスラム過激派に接近した可能性があります。その前の2011年、ロシアの情報機関FSBがCIAなどに情報を求めたことがあります。容疑は「シロ」でしたが、今回はアメリカ側からロシア当局に情報提供を求めています。ただ、米ロの情報機関の協力関係は弱く、情報が得られていないようです。ロシア政府は、今回の事件で距離を保っています。

ツァルナエフ兄弟の父親と兄のタメラン氏は2002年に観光ビザでアメリカに入国、政治亡命を申請、市民権を得ました。遅れて合流した弟のジョハルは2009年に市民権を申請しました。アメリカ議会では「移民法」の抜本的な改革を審議していますが、今回の事件を受け、上院議員の一部が審議を延期すべきだと主張しています。

全米を震撼させた爆弾テロ。事件の全容解明にはまだまだ時間がかかりそうです。また、テロ対策の抜本的な見直しが求められています。

[April 22, 2013] No 0105257

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ