2分でわかるアメリカ

2013/04/20「常識シリーズ27」鎖国体験


私的な理由で一時帰国した。この機会を利用して2つの用事を済ませることにした。自動車免許証の更新と株式の整理。免許は期限まで8カ月もあったが、海外に居住している証明を提出しスムーズに更新できた。問題は2つ目。  

株式の整理とは、保有している2つの銘柄を信託銀行から証券会社に移す作業。前に勤めていた会社の社員持ち株会で取得した株式など2銘柄が電子化に伴い信託銀行の特別口座で管理されている。

海外に居住している日本人は日本国内で証券口座を開設できない。どの証券会社に連絡しても駄目だった。「法律ですか」と質問したが、納得のいく説明は返ってこなかった。「本人確認法」がひっかかるらしい。外国に住んでいても本人を確認する方法はいくつもある。現に、警察は本人確認をしたから免許を更新した。

渡航前に開いたネット証券の口座を持っていた。ただし、海外に住んでいるため口座は凍結されている。アクセスできない。信託銀行から2つの銘柄を移したいと連絡したが、「移せるが売却は出来ない」と言われた。帰国するまで口座は「凍結」すると言う。「大きな損失の可能性がある」と質問すると、「そうなります」との答え。

実家の母を常任代理人に指定、2つの銘柄を母の証券口座へ移すこともトライした。信託銀行に電話した。最初は「名義が違うから無理です」と言われた。食い下がると、後で電話すると言う。2時間ほどして電話がかかってきた。「母の口座を持つ証券会社の方からOKであれば受けます」。責任は第三者に転嫁する作戦か。その後に証券会社の担当者と何度も電話で話した。担当者はあらゆる部署とやり取りをしたようだが、滞在中に結論は出なかった。

日本が7月にもTPPの交渉へ参加することになった。安倍首相は、日本企業の海外進出と同時に、海外からの投資を呼び込めるチャンスだと力説する。米国の証券会社では、日本に住む日本人でも口座を開設できる。米国の銀行も同じ。取引はオンラインだから国境がない。日本の証券会社は、海外に住む日本人に鎖国政策をとっている。TPPに参加したからといって、こんな日本に投資する国はあるのか。

[April 19, 2013] No 0105256

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.21 更新ダウのオリジナル企業、全消滅※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会が19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ