2分でわかるアメリカ

2013/03/08投票率、たったの16%


ローカルな話題です。

 今週火曜日5日にロサンゼルスの市長選挙が実施されました。全米第2位の都市の市長選ですが、地元以外ではほとんど報じられませんでした。ちなみに一般にロサンゼルスというとサンタモニカなどを含めた広い地域をさすのですが、サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ウエスト・ハリウッドは独立した自治体で別の市長がいます。 

ロサンゼルス・タイムズはさすがに大きく報じたのですが、地元住民の関心は低く、投票率はたったの16%しかありませんでした。再選選挙で投票率が記録的に低かった4年前をさらに下回る低さです。2009年に実施されたニューヨーク市長選挙は歴史的に低い投票率でしたが、それでも29%ありました。16%という数字は異常に低いと言えます。

長期戦の去年11月の大統領選挙に疲れたため、誰も関心を示さなかったというのが専門家の分析です。立候補者がいずれも地味だったことも関心の低さに繋がったのかもしれません。

市長選には8人が立候補していましたが、過半数を得た候補者がいませんでした。32.9%を得た市議会議員のエリック・ガルセッティ氏と29.2%を得た市の出納長のウェンディ・グルエル氏による決選投票が実施されることになりました。

選挙結果について複数の友人に尋ねたのですが、誰も関心を示しませんでした。それよりも、同時に実施された日本の消費税にあたるセールスタックスに0.5%の特別加算をするかどうかの投票が拒否されたことの方に興味を示していました。将来を方向づけるローカルの政治より毎日の生活が大事ということでしょうか。

ロサンゼルス市長の決選投票は5月21日に実施されます。ロサンゼルス市の財政赤字は2億2000万ドル(約207億円)に膨らむと予想されています。このまま放置すれば制御不能の水準まで赤字が拡大するか、警察官を含めた公務員の数や市民サービスを大幅にカットするしかありません。財政再建で重要な役割を担う市長の選挙は重要なイベントなのですが、関心は一向に高まりません。

[MARCH 07, 2013] No 0105225

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.21 更新ダウのオリジナル企業、全消滅※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)S&Pダウ指数委員会が19日、ニューヨーク株式マーケットのダ…
  • 2018.06.20 更新米中間選挙のマーケット予想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ロシア疑惑、移民をめぐる「不寛容政策」、中国との貿易戦争。ア…
  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ