2分でわかるアメリカ

2013/01/25驚きの米家庭療法


日本でもインフルエンザが流行しているようですが、アメリカでも年末から猛威をふるっています。30の州ではかなり深刻で、これまでに30人の子どもが死亡しました。






  カリフォルニア、特にロサンゼルス周辺では、このところ摂氏20度台後半と暖かい日が続いているのですが、インフレエンザの症状が報告されています。そして、例年通り今週後半から患者が増える可能性が指摘されています。なぜか。現在、ユタ州のパークシティでサンダンス映画祭が開催されたのですが、激寒でインフレエンザが大流行しているユタから多くの業界関係者が今週からロサンゼルスに戻り始めたからです。5人が出張している妻のオフィスでも警戒しているようです。

アメリカではインフルエンザにかかったらどうするのか。各家庭ではレモンとはちみつをいれたマーカーズ・マーク社のバーボンを飲んで休養するのが一番といわれています。昔からの家庭療法です。

今年は例年以上にインフルエンザが広がっていることで、この民間療法をシャーベットにして売り出した人があらわれました。ニューヨーク・マンハッタンでアイスクリーム店を経営するジェニ・ブリトン・バウアーさんは、「インフルエンザ・シャーベット」とそのままの名前を付けた商品を発売しました。

ニューヨークの医学校と共同で開発、赤唐辛子、生姜、はちみつ、レモン、オレンジ、そしてマーカーズ・マーク社のバーボンが入った12ドルの「インフルエンザ・シャーベット」は激寒のニューヨークで飛ぶように売れているそうです。シャーベットを食べると、鼻詰まりや喉の痛みが消え、関節炎も楽になるそうです。

アメリカではこのほか、腹痛になったらコカコーラを飲めと言われます。ダイエット・コークやペプシでなく、昔ながらの赤い容器に入ったコカコーラです。実際に医者からも勧められたことがあります。個人的には腹痛になったらコカコーラを飲んでいます。信じられないくらい良く効きます。コカコーラは我が家の常備薬です。

[JANUARY 24, 2013] No 0105195

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…
  • 2018.10.16 更新マーケットが気にするサウジ記者問題※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)サウジアラビア人のジャマル・カショギ記者が今月2日から行方不…
  • 2018.10.13 更新トルコリラとアメリカ人牧師※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ西部のイズミールの裁判所が12日、拘束中のアメリカ人牧師…
  • 2018.10.12 更新FRB批判、責任逃れか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行であるFRBに対するトランプ大統領の批判が日…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ