2分でわかるアメリカ

2013/01/24稼ぎまくる元副大統領


クリントン政権の副大統領だったアル・ゴア氏が最近、巨額の資産を得ました。今月1カ月間だけで約1億2500万ドル、日本円に換算すると約111億2500万円を稼いだ計算です。

どうやって稼いだのか。まず、アル・ゴア氏が2007年に創業したケーブル・テレビ・チャンネルの「カレントTV」が今月初め、カタールを拠点とする報道機関アルジャジーラに売却されました。売却価格は5億ドル。ゴア氏は「カレントTV」の株式20%を保有していましたので、1億ドル(約89億円)の現金を得ました。  

もうひとつ。アル・ゴア氏はアップルの取締役をしているのですが、今月に入り約6万株のオプションを行使しました。条件は非常に良く、1株7ドル48セントで購入しました。行使価格は総額で44万5000ドル。アップル株はこのところ軟調なのですが、それでも株価は約500ドル。ゴア氏が保有する株式の価値は約3000万ドル(26億7000万円)になりました。

副大統領を8年務めたアル・ゴア氏には、年間約12万ドル(約1068万円)の年金が支給されるほか、アップルの取締役としての報酬、シニアフェローを務めるグーグルからの報酬、客員教授をしているUCLAの報酬、講演料などの収入があります。過去には、アカデミー賞を受賞した映画「不都合な真実」の印税やノーベル平和賞の賞金なども得ていて、今回の臨時収入を含め資産総額は3億ドル(約267億円)を超えたと見られます。

アル・ゴア氏は、2000年の大統領選挙で共和党候補のジョージWブッシュ氏に紆余曲折の末に負けました。得票数ではゴア氏が上回っていたこともあり、当時は「悲劇のヒーロー」とされていました。しかし、その後の成功をみると、「負けて良かった」との意見も一部であります。お金が全てではありませんが。

[JANUARY 23, 2013] No 0105194

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ