2分でわかるアメリカ

2012/12/28動かなかった外為相場、2013年は


ユーロ圏債務危機、主要各国の選挙、数えきれないほどの会議、中東の緊張など、2012年はマーケットを動かす多くの材料がありました。しかし、1年を振り返ると株式相場が大きく変動した一方で、外国為替相場はほとんど動いていないことがわかります。

世界の外国為替マーケットでは、一日あたり4兆ドルの取引があります。売買高が最も多いのはユーロ/ドルのペアですが、今年は歴史的な低ボラティリティでした。  

ソシエテ・ジェネラルのリサーチ担当者は、ユーロの相場レンジは1999年以来最も狭いレンジで取引された1年だったとウォール・ストリート・ジャーナルに語っています。1999年は統一通貨ユーロが導入された年です。ソシエテ・ジェネラルによりますと、選挙前の日本円の相場レンジも1973年以来の狭い幅だったそうです。 あまりにも外為相場が動かないので、1944年にできたブレトンウッズ体制、つまり固定相場に限りなく近かったとの指摘もあるほどです。

背景には、FRB、ECB、イングランド銀行、日銀など世界の主要中央銀行が、歴史的な超低金利と積極的な金融緩和を実施したことがあると指摘されています。政府、中央銀行が頻繁にマーケットに影響を与えるため、トレンドが出なかったことも背景の1つとされています。

低いボラティリティを背景に、外国為替を扱うファンドの多くは利益がほとんど出ていません。世界最大の外為ファンドのFXコンセプツは、それでも利益を計上したそうですが、旗艦ファンドの上昇率は2%程度に留まっています。

2013年はどうか。世界の中央銀行は超低金利を継続することが予想されますし、ユーロ圏の債務危機も続きそうです。ただ、日本発のニュースが外為相場全体を大きく動かす可能性が指摘されています。最近は、ウォール・ストリート・ジャーナルやフィナンシャル・タイムズなどマーケット関係者が必ず読む経済紙に、日本初のニュースが目立って増えています

円の対ドル相場が90円台を目指すというトレーダーもいれば、120円まで売られるというファンド・マネージャーもいます。安倍政権の動き、そして日銀の動き次第ですが、来年の外為マーケットでは、日本が台風の目になる予感がします。

[DECEMBR 27, 2012] No 0105178

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.19 更新増える米資産バブル論※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらウォール街関係者は「バブル」という言葉を使うことを可能なかぎり避けています。誰も使い…
  • 2018.06.16 更新ナパワインがメニューから消えたアメリカのトランプ政権の通商政策に世界が動揺しました。トランプ大統領は15日の声明で、技術と知的財産が中国に盗まれることを容認できないとして、中国からの輸入品5…
  • 2018.06.15 更新「カリフォルニア州を3分割」投票へアメリカ西海岸の大部分を占めるカリフォルニア州は、幅広い意味で全米最大の州です。人口は4000万人。アメリカ商務省の最新のデータでは、経済は2兆7470億米ドル…
  • 2018.06.14 更新歴史的会談めぐる認識ギャップトランプ大統領は13日、金正恩朝鮮労働党委員長と会談したシンガポールから帰国しました。エアフォースワンがワシントン郊外のアンドリューズ空軍基地に着陸した直後、北…
  • 2018.06.13 更新米エコノミストのシナリオ、2020年景気後退経済指標でみるアメリカ経済は絶好調。失業率は18年ぶりの低水準に低下、賃金の伸びは年末までに3%に達する見込み。2018年のGDP成長率は3%近いとの予想がみら…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ