2分でわかるアメリカ

2012/11/28Wii UとiPad、欲しいのはどっち?


娘のiPhoneのケースが壊れたのでショッピング・モールに行きました。あまり安くなかったので、娘はお小遣いをつかってケースを買うのをあきらめたのですが、モールの真ん中で開かれていた任天堂の新型ゲーム機、Wii Uの体験コーナーに寄りました。

会場には、Wii Uの他に携帯ゲーム機のDSシリーズが展示されていました。Wii Uのコーナーに子どもが少なく、DSの方が多かったのが意外でした。DSで新しいゲームを試していた娘に女性が寄ってきました。アンケート調査です。「Wii Uに興味はありますか」が最初の質問。娘は「特に関心がない」と答えました。同伴の僕にも聞かれました。「iPadの方が良い」と回答すると、「そういう人が多い」と言われました。

ニールセンが6歳から12歳の子どもを対象にクリスマスに欲しいものをアンケート調査したところ、iPadが48%と断トツの1位でした。2位はWii Uでした。そして、iPod touch、iPadミニ、iPhoneと続きトップ5の4つをアップル製品が占めました。  

一般のアメリカ人が子どものクリスマス・プレゼントに使う額は最大で250ドルから300ドル。iPod touchが299ドルから399ドル、iPadミニが329ドル、そしてWii Uが299ドルから349ドルと少し予算オーバーなのですが、許容できる範囲です。子どもを持つ親は、iPadミニかWii Uのいずれかの選択を迫られる可能性があるのですが、調査をみる限り圧倒的にアップル製品に軍配が上がりそうです。

任天堂アメリカは最初の1週間で40万セットのWii Uを販売したと発表しました。ただ、6年前に発売したWiiを20%も下回っていますし、ほとんどの小売店では在庫がまだあります。評価もそれほど高くありません。かつてはWiiの売り切れが続出、個人的にクレイグリストという個人売買サイトでなんとか買った記憶があります。Wii Uは、「それほど売れていない」可能性があります。

任天堂の「スーパーマリオ」シリーズは、世界で最も成功した日本のソフトです。同業の日本のメーカーやアニメが下火の中、存在感を示して欲しいです。

[NOVEMBER 27, 2012] No 0105158

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…
  • 2018.09.15 更新UHNWIでみる富の移動※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争に内外の懸念が高まる中、トランプ大統領は強硬姿…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ