2分でわかるアメリカ

2010/05/26急速に高まる2番底不況論


マイナス成長が続く不況がプラスに転じた後、再びマイナス成長になること、あるいは株価が安値後に反発、その後下落に転じ安値をつけることを2番底と言います。2番底不況を英語では、「Double Dip Recession」と言うのですが、グーグルで検索すると50万件弱、最近の記事が目立ちます。アメリカでは、2番底不況論が急速に広がっています。  

CNBCの人気コメンテーターで元ヘッジファンドのジム・クレーマー氏はきのう、「オバマ政権下での景気回復という従来の強気予想を35%の確率でアメリカ景気が二番底に向かうと下方修正しました。同じCNBCに出演したカーソン・ウエルス・マネージメントのロナルド・カーソンCEOは、「住宅市場が主導する形で来年、2番底を打つと予想、株価指数S&P500は700ポイントまで下落すると確信している」と述べています。これは現在の株価から35%低い水準です。

2番底不況論が高まる背景にあるのは、「ギリシャ発のヨーロッパ債務危機により、デフレがヨーロッパ全体に広がり、そして信用不安が一層高まり、お金が回らなくなる。その影響でアメリカ経済も中国経済も大きな打撃を受ける」という懸念です。コーネル大学のエコノミストであるプラサッド氏は、「ギリシャ、スペイン、ポルトガル、そしてアイルランドの4つの国の経済規模は世界の4%に過ぎないが、債務危機は世界規模で広がる」と予想しています。

アメリカでは貨幣の流通速度が低下する中、銀行貸し出しの減少が続いています。住宅ローンや車のローンを借りたくても、銀行が貸さないのです。日本と同様に、銀行が中小企業から一方的に融資を引き上げる「貸しはがし」の話も良く耳にします。経済指標や企業業績が改善していますが、アメリカに住む僕自身も友人もその友人も、実感が全くないのが気になります。

予想が外れて景気が本格回復に向かえばいいのですが、不透明感があまりにも強く、しばらくは2番底論が出たり消えたりしそうです。マーケットは荒い値動きが続きそうな予感です。

[May 25, 2010] No 010162

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ